サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 溺れる
  4. ユーザーレビュー一覧

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

溺れる みんなのレビュー

  • 鏡龍樹
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

溺れる 若兄嫁と熟兄嫁と未亡人兄嫁と

ベテランならではの高い淫猥度

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作『熟れごろ保母さん-夜のご奉仕』(マドンナメイト文庫)から4年振り。フランス書院文庫で数えれば『僕の通学路には四人のお姉さんがいる』から7年半振りとなる新作。突然に未亡人となってしまった兄嫁を3人も並べる豪勢な布陣で淫猥度の高い官能描写が連続するのはさすがベテランと言える。場数の違いを見せつけた1冊としてじんわり光るものがあった。誤字・脱字や齟齬なども見当たらず、丁寧に執筆された印象もある。

長男の嫁【詩織】38歳
スラッとした美形ながら、おっとり慈悲深い包容力がある詩織には押しに弱い一面があって義弟(四男)たる主人公からの迫りに拒み切れず、半ば言いなりの関係をズルズルと続けていく。主人公の秘めた想いが発露した結果なのだが、そんな義弟の変わり身に戸惑う詩織は夫への操を常に立てて心はなびかない。しかし、亡夫によって開発されていた体の疼きは如何ともし難く、リサや佳菜子の存在がクローズアップされていく中で次第に心も変化していく。被虐の憂いが前面に出た興奮度の高い官能場面が続くが、終盤では妖艶さを垣間見せる積極的な豹変を遂げる。全編を通して存在感を放つヒロインの中心である。

次男の嫁【リサ】30歳
抜群のスタイルと凛とした美貌のクォーターであるリサが詩織と主人公との睦言を偶然目撃してしまうのはお約束の出歯亀展開だが、この秘密を利用して主人公を支配下に置こうと企む気の強さがある。女王様然と振る舞うリサに屈服する主人公だが、この境遇は自分が詩織に与えていたのと同じではないかと思考する深みを持たせつつ逆転の機会を窺うものの、こうした被虐の立場も悪くないとも思ったりしている。ただ、リサの振る舞いは愛情の裏返しであり、最終的に立場が逆転するのは鏡作品でこれまでよく見られたヒロイン像と言える。

三男の嫁【佳菜子】24歳
年相応の瑞々しさを残す佳菜子もまた押しに弱くて詩織に近いタイプだが、佳奈子が登場する終盤では詩織のキャラが変化するため、その穴を埋めているようでもある。この段になると結末への収束を意識したのかペースが性急になり始め、詩織との鉢合わせと豹変から主人公を含めた3Pまでが続け様に描かれている。コンパクトに纏めた良さがありながらも、佳奈子の登場が今少し遅かったか、そもそも佳菜子が居なくても成立した話ではないのか、といった面が浮き彫りになるのは否めない。先の2人がじっくり描かれ、リサの面前で詩織が主人公から貫かれたり、詩織の目の前でリサと交わるといった妙味もあっただけに、そして何より佳菜子自体は魅力的だっただけに立ち位置の曖昧さが惜しまれる。

最終的にはリサ主導としつつ裏でやり込めて支配下に置こうと画策したものの、そんな姦計を図らずとも愛情を傾け始めた兄嫁達に囲まれ、家業の継承も託されつつ、3人の未亡人との幸せを育むと誓う主人公である。

序盤の強引な振る舞いや中盤の従順を強いられてからのご主人様的ポジションという変遷は時々に応じてブレているように写るが、詩織を我が物にするという荒ぶった一面から様々に思いを馳せながら最後は兄嫁全員の亡夫という呪縛からの解放と今後の支えになるという決意への変化ということなのであろう。何だかんだ言っても最後はしっかり纏めて読後感を向上させる手腕を見せてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示