サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

義母と温泉旅行【ふたりきり】 みんなのレビュー

  • 神瀬知巳
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

義母と温泉旅行〈ふたりきり〉

紙の本義母と温泉旅行〈ふたりきり〉

2017/05/14 17:04

やや間延びするも悪くない続編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

連続性を感じさせないタイトルだが本作は2016年12月の『淫らな新居-嫁の母、嫁の妹』の続編である。2015年も4月の『幼なじみの母娘vs.熟母-新しい家族』から12月の『初めてづくしの家-ふたりのママと妹』へという事実上の上下巻があり、これらの間が短編集だったことから2連続の2冊構成となる。どちらも前作で描き切れなかったことを補完するかの内容だったことを鑑みれば、今後はいっそのこと最初から上下巻を見越して執筆したらどうかという気も沸いてくるし、むしろその方が内容の偏りも防げる気がする。つまり、本来なら以前にもあった「ロングエピソード」的な短編で済みそうな後日談を頑張って1冊に引き伸ばしたかの印象が拭えない作品なのである。

また、サブタイトルにある「ふたりきり」な状況は第三章からであり、前半の2章は義母【浅子】(42歳)の不在時に起きる妻【みちる】(24歳)や義妹【早紀】(16歳)との交合である。前作で出番の少なかったみちるがフィーチャーされるかと思ったがそうでもなく、むしろ早紀の方に単独での場面があったりしているのだが、それでもこの2人は前作以上にサブヒロインという位置づけである。

そして、前半の2章によって浅子の現況を織り交ぜつつ「ふたりきり」になる状況へと至る下準備が行われているとも言える。義理の息子(主人公)と交わる不貞を顧みて距離を置こうとしたものの、それを訝しむ主人公の迫りによって再び開花を見せる浅子のオンナが倫理の一線を越える、越えてもいいと覚悟を決めるまでが本作の主題なのであろう。

過去に同様のシチュエーションで同じく1日もしくは半日程度の物語を紡いだことがある作者だけに浅子と主人公との1泊の温泉旅行は濃密な官能描写のオンパレード。23歳の若さとはいえそこまで白濁液が尽きることなく連続で可能なのか?と言った疑問も生じるし、亡夫以来の恋に落ちる四十路熟女の心情が初々し過ぎて年齢不相応ではないか?といった感慨も抱くが、ここは神瀬ワールドと割り切りつつ、官能小説で恋に落ちた男女には年齢も倫理も不問と解釈したい。何よりヤッていることに初々しさは皆無であり、玩具で弄ぶようなエスカレートの果てに最後は頁を埋める理由もあってか予想以上にお尻責めが多かったりしている。

家庭内一夫多妻制のコンセンサスを得る終章では改築して大型化した風呂に全員集合しているのだが、個人的にはこの風呂場の現実離れしたセレブ感にこそ官能的に留まらず経済的にもリア充なのかとツッコミたいところである。そして、ここでも娘達に内緒でこっそり主人公に跨るほど自らを解放した浅子である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示