サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

電子書籍

女美術教師 みんなのレビュー

  • 美園満
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本女美術教師

2002/06/28 13:39

色々な官能が詰まっている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マキと希美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 紹介された新任の美術教師、早乙女美麗を見て、夏彦は驚愕した。その日の朝、電車で痴漢をした(逆にされもした)女性だったから。放課後、美麗から美術準備室に呼ばれた夏彦は、痴漢の罰として羞恥の、そして淫らな身体検査を受けることに。
 両親がいない為、叔父の家に厄介になっている夏彦はその夜、脱衣所で従姉の慶子の下着を探すが、以前はあった筈なのに見つからない。だが、叔母の下着を見つけ匂いを嗅いだ後、その足で叔父と叔母の寝室を覗く。そこに見えたのは、淫らに繰り広げられるセックスだった——。
 この後は、美術教師の美麗、従姉の慶子、叔母の雪絵との甘く淫らな行為が展開して行きます。性描写は濃厚で、ぺージ数も多く割いていて、とても充実した内容になっています。
 色々な官能(教師、痴漢、下着フェチ、熟女、相姦など)が楽しめるので、この中のどれか一つでも興味がある方なら、ぜひ読んで見ることをオススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本女美術教師

2012/02/27 02:23

女王様先生と下僕生徒との歪んだ蜜月パート1

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作者(名義)のデビュー作だが、続く『女音楽教師』と併せて1つの作品と見るべきである。女王様な美術教師と、その下僕のように振る舞うことを強いられる生徒との歪んだ秘密【前編】といったところか。他にも登場人物(ヒロイン)多数で、全体としてよくできたストーリーだと思う。

誘惑系というより挑発系と言うべき関係ではあるが、感じ始めてからの教師の豹変や生徒の言葉責めなど、主従が逆転する瞬間の興奮度は低くない。最近のハーレム一辺倒な作風とは異なり、ヒロインにも別の男がいたり、サブヒロイン達との相関にも退廃的な雰囲気が色濃く出ている。その分、結末に僅かばかりの消化不良を感じなくもないが、次作へ続く前提なので致し方なかろう。

デレデレの相思相愛とは異なる、ある種、特異な関係を育む歪んだ世界観である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本女美術教師

2002/04/06 23:13

美園満への期待

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 うまく言えないけれど、久しぶりにフランス書院文庫(『女美術教師』と『女音楽教師』)を読んで、何か新しい機軸、方向が生まれつつあるのではないかと思った。このジャンルでこれまでに案出された構図や文法や趣向を定石として取り入れながら、21世紀の純粋消費小説(?)への脱皮をそれと自覚せずに試みているというか。量の蓄積が自ずから生み出す質的転換。(それほど大袈裟に言うほどのことでもないか。)この作者は新人らしいが、相当な書き手になるかもしれない(見込み違いかもしれない)。何よりタイトルが素っ気なくていい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。