サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

[別パターンA]10月度:コミック ポイント最大50倍(1001-31)

電子書籍

日本の特別地域 みんなのレビュー

  • 地域批評シリーズ編集部, 岡島慎二, 土屋コージン, 鈴木士郎, 昼間たかし, 佐藤圭亮, 土屋幸仁, 諸友大, 佐藤正彦, 鈴木ユータ, 上岡哲次, 松立学, 鈴木和樹, 松本広章, 平賀太一, 小坂 空, 山中茂紀, たむらやすよ, 宮沢玲奈, 三宅敏行, 山下敬三, 橋村貴明, 佐藤晴彦, 丸山佑介, 和田虫象, 小森雅人, 藤江孝次, 川口有紀, 伊藤圭介, みたむらみっち, 青木えり, 澤村慎太郎, 記者ネット名古屋, 前畑繁美, 橋本玉泉, 川野輪真彦, 浅井達幸, 奥岡幹浩, 鈴木亮介, 渡月祐哉, 丸茂潤吉, 橋本東堂, 荒井禎雄, 山木陽介
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

これでいいのか岡山県 ねたみ・そねみ・因根が渦巻く岡山の実態を暴く!

納得の奇書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愚犬転助 - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんな本、岡山県民以外、誰が読むのだろうと思いながら、怖いもの見たさで購入。私は岡山県民ではないが、「そうなんだ」とびっくりもし、笑えもした。
本書には、郷土本にありがちな郷土へのよいしょ意識がほとんどない。むしろ、批判精神が豊かであり、その批判精神も高みに立ったものではないところが好ましい。同じ岡山生まれの者同士の「あーあ、ここは変えられないんだねえ」というぼやきとも、呆れきもつかぬ批判がある。
なんとなくわかったのは、岡山県民の蛸壺内序列意識である。岡山、倉敷の一部公立伝統普通高校が別格の地位にあり、ヒエラルヒーを形成している。岡山大学の地元での格は関西の同志社や関西学院を上回り、早稲田クラスに迫ること。お隣の広島市への秘めたライパル意識の強烈なこと。たしかにサブタイトルの文言どおり「ねたみ」「そねみ」が渦巻く世界なのだろう。
もっとも、地元の駅弁大学が関西学院以上という意識は、他の貧乏くさい県にもある。私の地元でも1970年代末まではそんな感じであり、そこそこにデカい岡山県ならなおさらだろう。
岡山県北部が大型道路の開通により、関西圏化している話も納得。たしかに県外への大きな道ができれば、県としてのまとまり薄れ、岡山市は求心力を欠いていく。その岡山市にさしたる商業力、産業力、観光力がないのだから、引き止め不可能だ。
とかチマチマとした話が多いが、岡山が一大ラーメン圏であることを改めて確認。著者は、駅前周辺の古くからの店に愛着があるようだ。岡山県民は観光資源とは考えていないようで、そののんびりぶりが好ましい。基本的に食い物に恵まれたエリアであり、おらかなのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これでいいのか東京都北区 デフレが生んだ理想郷北区

馴染みある街の意外な裏側

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

何となく気になる「これでいいのか」シリーズ。
赤羽、王子、田端、日暮里、十条などなど馴染み深い町々の名前
に惹かれて手に取りました。

王子区・滝野川区の合併で北区が生まれた経緯など東京出身の
私も知らない町の歴史や背景、実情を知ることができて興味深く
読みました。

同シリーズでわが故郷「豊島区」や家内の実家のある「埼玉県」も
あるようですので、是非一読してみたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これでいいのか石川県 実力がないのに気位だけは高い!?

タイトルh辛口、でも内容は意外にソフト

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

何となく気になる『これでいいのか』シリーズ。

坂東の無骨者の私には憧れの小京都、金沢を擁する
石川県を対象とした本書を見て、興味をそそられて
手に取りました。

何といってもサブタイトルが過激!
「実力がないのに気位だけは高い」とは言い得て妙、
否々、酷い言いようである。

しかし実際に内容を読むと部外者からのフラットな
目線で石川県の歴史、背景、問題点が語られていて
読みやすい。

石川県民は些か不愉快に思うかもしれないが、県外
の人間は興味深く読める。正直、改めて金沢や他の
石川県各地を旅したくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これでいいのか兵庫県神戸市 品が良いのかガラが悪いのか神戸の素顔を暴く!

神戸市長も読んだ!?本音の神戸学

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は,「神戸」と名のつく本は,安月給にもかかわらず,たくさん買って読んでいます。しかし,ほとんどの本は,キレイごとが書かれているだけです。
ところが,本書は,他に類を見ない,本音の,”神戸の姿”が書かれています。
例えば,夜の三宮のガラの悪さ,ソープ街・福原,塩屋の”ゲイビーチ”,カナディアンアカデミーの生徒の電車マナーの問題などです。
残念なのは,神戸製鋼や川崎製鉄の工場が震災によって移転や閉鎖を決定したという記述です。これは間違いで,両社の工場は,震災の前から閉鎖が決定済でした。
余談ですが,あの久元喜造・神戸市長が,”kiz-kobe”というレビュアー名でアマゾンサイトに投稿されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これでいいのか佐賀県 どマイナー佐賀の売りはズバリ素朴な「田舎」

なかなか面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KK - この投稿者のレビュー一覧を見る

佐賀県について、いろんな方面から分析しています。
本にしてはかなり辛口な内容もあり、見応えはあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これでいいのか広島県広島市 焼け野原をチンチン電車で復活させた広島の正体

食い足りない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愚犬転助 - この投稿者のレビュー一覧を見る

マイクロマガジン社の同シリーズ「岡山県」がおおいに笑えたので、つづいて購入した。残念ながら、「岡山県」ほどの「へぇー」「あっちゃー」といった驚きはない。
たしかに、広島弁に「じゃけんのう」はない、広島はバス王国である、廃墟のなんちゃって城・尾道城といった話はおもしろい。ただ、東日本大震災と原発危機後の本だけあって、原爆と地震にひきづられすぎている。平和教育には陰の側面もあるのだが、自主規制せざるをえないようだ。しかたのない話だが、そのあたりから、食い足りなさ感が残ってしまっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示