サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

華は褥に咲き狂う みんなのレビュー

  • 宮緒葵, イラスト:小山田あみ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

設定がシビれます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろなか1号 - この投稿者のレビュー一覧を見る

単なる時代ものだと思って読み始めたのですが、設定がぶっ飛んでて驚かされます。けれどぶっ飛んだ設定ながら、何層にも織り込まれたような緻密なストーリーを読むうちに「恵渡」に引きずり込まれます。
着物の柄や調度品、庭の風情までしっかり書き込まれているので、場の空気や香りまで見ているように感じらます。
役職名など難しい言葉にはふりがなをつけたり、さりげなく説明を付けて、時代物に馴染みがない方にも読みやすくしてる工夫もポイント高いです。
要は、大好き!今後が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

レア設定の純愛

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けい - この投稿者のレビュー一覧を見る

大奥を舞台とする恋愛ものには、どこかありがちな設定が匂いそうなのに、良い意味で裏切ってくれました。
将軍の血を引く正義感溢れる真面目武士が、流行病で異母兄弟たちが倒れたために思いがけず将軍の座に…
そこに背高の大変な美女、ではなく美丈夫が正室として輿入れしてしまうだけでもびっくり。
将軍様ですもの、開発される攻?と想像するところ、受にされちゃいます。
とにかく攻が手練手管で攻めます!対して受の将軍様は翻弄されまくっているのに頼れる夫であろうと頑張るところがなんとも可愛い!!
背景とストーリー、気持ちの描写がしっかりしているので、レア設定にもついていけます。
攻の執着と激しさの裏にはしっかりとした純愛があって、気持ちがあるからこその突っ走りぶりに完敗です。
にしても2人ともうっとりな良い身体、イラストも素敵です。
リバは好みではないけれど、この2人なら是非是非して欲しかった!残念!って思ってしまうところが何とも惜しい!!
脇役の門脇カップリングも詳細を掘り下げて欲しかった(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

キライな要素満載でしたが

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さち - この投稿者のレビュー一覧を見る

腐って長いのですが、ごく最近わかった自分の傾向として、
女装嫌いなんですよ。長髪男子も嫌いなんですよ。
キライなもの満載でしたが表紙が(イラストレータの方もカラー以外は苦手だったりするのですが)あまりに美しかったのでついつい購入してしまいました。
読んだ結果面白かったです。
良かった原因はたぶん女装男子が攻だったからでしょう。購入時点では逆だと思い込んでいたのでうれしい誤算でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

作者さん、遊んじゃいましたね

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けい - この投稿者のレビュー一覧を見る

『華は褥に咲き狂う』の続編。

真面目武士だった将軍様(受)と輿入れした美丈夫(裏の組織の長(内緒)攻)が、お恵渡の事件を解決。
大奥を飛び出して、遊郭であんなことやこんなこと。城下町での拠点があったり、立ち回りも有りで、時代劇が好きな方ならあれこれ思い出す場面が盛りだくさん。作者さん、これは遊んじゃいましたねって感じです(笑)
前作で前面に出ていた攻の裏の顔が見せる怖さや妖しさは、今作ではなりをひそめ、意外にもちょっと気弱な乙女部分が書かれています。
門脇と咲カプも健在。こちらは変わらず詳細が書かれず気になりますが、どうやらリバった様子。最後のイラストといい、今回も良いところを持っていくんですよね〜(笑)
最後にもう一つカプ誕生か?さあ、賑やかになってきましたよ!
読むなら前作からがオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

そうきたか…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nenene - この投稿者のレビュー一覧を見る

完全に暴れん坊将軍。。。

江戸の城下で、上様ってことを隠して、火消しの衆らや仲間たちと、事件捜査。最後に「余の顔を見忘れたか!」と正体バラして「まさか…う…上様!!ははー!!」で事件解決。笑

佐伯泰英とか好きならとても楽しめると思います。
前巻はそんなことなかったのに、続編のこれは完全におもしろパロディBLになっちゃってて、、、あまり好みではないのでこの次は買わないかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。