サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

9月度:コミック ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

クレギオン みんなのレビュー

  • 野尻抱介 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ヴェイスの盲点

紙の本ヴェイスの盲点

2003/12/02 16:22

これは書評ではない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:INU - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者も偉くなったなぁ(皮肉抜きで)、
というのが書店で平積みされてるのを見た瞬間の感想。

個人的にこの作品は、ちょうどヤングアダルト小説にはまり始めていたころに出会った、この出版形態の「玉石混淆」ぶりを示す最初の例だった。

安易な「翻案」だ、という人もいるだろうが、中学生への入門書的な性格だったこと、そしてこの作品がデビュー作だったことを考えると、その点を責めるのは酷というものだろう(ハヤカワ版ではモトネタバラされてますし)。何より、この著者の魅力は、抑制された、必然性のある、しかし豊かな人間描写に在ると私は思う。その点はこの作品でも、主に少女の成長という形をとって、きちんと描かれているのではないだろうか。


…というのが今でも実家に帰るたびに読み返している富士見ファンタジア版の感想。ハヤカワ版は解説、あとがき以外未読です。んー、もっぺん年末に読み返して、ハヤカワ版も買って見んとなー。しかし、「ロケットガール」もそうだったけど、主人公べつに少年でも話はそれなりに通じるよなー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示