サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

OP (最大)20%OFFクーポン(~1/25)

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

電子書籍

星界の戦旗 みんなのレビュー

  • 森岡浩之
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

星界の戦旗 5 宿命の調べ

紙の本星界の戦旗 5 宿命の調べ

2013/04/02 19:10

前巻も読まないと…

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:popop - この投稿者のレビュー一覧を見る

何ともお久しぶりで、あらすじを殆ど覚えていませんでした。
また、久しぶりのアーブ語に慣れるためのリハビリも必要です。
しかし、読み始めるとそのストーリーに引きつけられます。
まさかまさかの展開、悲劇…
私自身は読んでいて悲しいストーリーでしたが、これにて第一部の完。
第二部からどうなるのか本当に楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星界の戦旗 5 宿命の調べ

紙の本星界の戦旗 5 宿命の調べ

2013/03/27 14:12

待たされた甲斐がある

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読書大好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

すばらしい作品でした。
全編ほぼ見せ場の連続ではないかというくらい、今までの集大成以上のすばらしいできです。
今作で第一部完結となりましたが、第二部の開始が心から待ち遠しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星界の戦旗 3 家族の食卓

紙の本星界の戦旗 3 家族の食卓

2001/03/31 23:56

裏ヒロイン

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポン太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今読み終わったんですけど、やっぱりエクリュアがGOODです。 さすが裏ヒロイン(^^;
 それにしても、実はあんな性格をしていたとは…殿下より上か? 彼女にはぜひとも後宮に入っていただいてラフィールとバトルしてもらいたい(^^;;;
 今回の星界はアニメ化の後に出たということで、キャラに声優さんの声を当てながら読めたのでより感情移入できましたね。
 TVの続きはもうやらないのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星界の戦旗 3 家族の食卓

紙の本星界の戦旗 3 家族の食卓

2004/03/07 22:17

泣かせます!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さくら姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

平凡?だったはずなのに数奇な運命をたどる少年とちょっと変わった王女様との出会いを端に発したあまりにも有名たこのスペース・オペラ。宇宙を駆け巡る二人の長い休暇とその終わり。それぞれの立場があり、思いが、理想が、視えている現状があり…最後の家族の食卓のシーンへとつながります。泣けてきます。この巻で一区切りついた感がある最新刊ですが…まだ物語は終わっていません。続刊が待たれます!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星界の戦旗 3 家族の食卓

紙の本星界の戦旗 3 家族の食卓

2001/11/27 00:32

極めて特殊な恋愛小説

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kusnoki - この投稿者のレビュー一覧を見る

 待ちに待った星界の新刊。世界はスペースオペラしてるのに主人公たちは些細な事件に四苦八苦するこのシリーズ。今回はよりその色が強く、ほぼ全編が例によって例のごとくな皮肉の応酬に始終する。極めて特殊な恋愛小説と言えなくも無い。
 積み重ねの上に最終的に集約するタイトルにつながる展開はグッと来るものがある。ただ著者も後書きで書いているが、本来のプロットから急に方向転換した感は否めない。
 しかしこのシリーズこのペースで今世紀中に終わるのだろうか? 何しろ長寿な宇宙人の宇宙で最後で最大の戦争を初めから描いているのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星界の戦旗 5 宿命の調べ

紙の本星界の戦旗 5 宿命の調べ

2016/12/17 20:31

続きはまだ?続き、続き!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

再開(再会)までが長かったの一言。帝都陥落の中 ラフィールの祖母と曾祖母たちやフェブダーシュ元男爵たちご年配がたの腹の据わり具合に悲しくなった。ジントはついに皇太女にラフィールと迷わず共に歩むんだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星界の戦旗 3 家族の食卓

紙の本星界の戦旗 3 家族の食卓

2001/05/30 20:51

森岡浩之の構成力

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:seimei - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ジントとラフィールは相変わらずくすぐったい。この人の構成はやっぱり変わっているなあ、と今回の印象。ジントが先送りしてきた故郷である領地が主となる話とおもいきや、今後の布石のための軍の新造艦、編制された部隊の演習のエピソードが思いっきり割り込んでくる。ジントの実質元家族と言える人々とのエピソードも『星界の紋章 1』以降、今までほとんど書かれてこなかったせいか、対面、交渉も実にラスト数十ページにて描かれる状態。アーヴという種族自身を描くには軍組織への言及は避けられないとしても、この構成比率は著者独特で結構僕は好きかもしれない。初期に試みたみたいに主人公たちの行動から未知の世界観が徐々に現われてくるのが理想とおもわれがちだけど、今までに無い宇宙種族を物語の根幹に添えるなら、こういったのもありかな、とも思いますね。先もながそうだし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星界の戦旗 3 家族の食卓

紙の本星界の戦旗 3 家族の食卓

2001/03/29 00:09

作者の森岡さんも相当悩んだようで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浅倉卓司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今回も、ジント君はなんとか主人公の面目を保ったようです(笑)。

 今回の注目点は、なんと言っても「ジント君が死にそうにならない」という点でしょう(笑)。
 おかげでカタルシスという点では物足りなさもありますが、代わりにめずらしく苦悩するジント君と、「星界」の今後の動きを暗示することが書かれているので、ファンなら間違いなく楽しめるでしょう。

 さて、作者の苦悩ですが、これは明らかに「ジント君を今後どう扱うか」だったと思います。
 実際にどう扱うことになったかは本を読んでのお楽しみですが、僕好みの(そして、ファンも望んでいる)展開になるようです。
 ここが決まってしまえば、今後しばらくは書きやすいのではないかな、と思います。

 というわけで、次回配本はあまり間を開けないで欲しいです(笑)>森岡さん

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星界の戦旗 4 軋む時空

紙の本星界の戦旗 4 軋む時空

2005/01/09 21:08

3巻のあとがきの通り

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬将軍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者が3巻のあとがきで言われた通りの展開。
主人公の描写が少なくなって?(あるいは他へ分散して)いる事も
あり2,3巻の様な私的に感激出来た様なシーンが、
本巻では得られなかったのが残念だった。
逆に今までは脇役だったキャラクター達のそれぞれの内面が
表されており、事象面の説明も多く、世界観は確かに広がり
つつあるが、これも言われていた通り、ある意味淡々と進行して
いる印象を受ける。
が、次巻が楽しみな終わり方。是非早い5巻発売を望む。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星界の戦旗 3 家族の食卓

紙の本星界の戦旗 3 家族の食卓

2001/08/20 20:03

限界

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えのもと - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アニメ的なキャラクター小説と本格SFの両方を味わえるシリーズだが、さすがに無理が生じてきている。前作発表からの長いブランクは、両者の乖離をいかに抑えるかに費やしたのではないだろうか。先行きが不安である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星界の戦旗 3 家族の食卓

紙の本星界の戦旗 3 家族の食卓

2001/05/27 10:43

砂袋販売希望

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しおん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 戦旗3がジントが故郷の惑星マーティンに帰る話であることは前回の引きから判っていたことですが、そのことにより、アーヴを憎むマーティン市民と貴族として支配者として戻ってきたジントが『ドロドロの人間模様を演じる』ような話を想像して、勝手に妄想していたわたしとしては、あまりにスマートな展開だったので、やや肩透かしです。
 ジントは死ぬ。何回書いてもジントが死ぬ。だから森岡先生は戦旗3を書きあげられないといった趣旨の噂がよく流れてましたが、今回、ジントは死にそうもない感じでしたね。
 ソバーシュ大活躍というのはまっとうな感想として、エクリュアが相変わらず『変』で良かった(^^;)
 今後の展開として、ハイド星系がすごい大財閥になって、将来『儲かって儲かってたまりませんわ、地上人の希望の星、〈アーヴ帝国〉なんか目じゃないですわ』みたいになったら凄いかなとか、勝手に想像しています。サムソン〜ガンバレ! みたいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示