サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

〈宇宙の旅〉シリーズ みんなのレビュー

  • アーサー・C.クラーク (著), 伊藤典夫 (訳), 山高昭 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本2061年宇宙の旅

2001/02/24 01:04

ちょっと説明しすぎ…!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YU  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アーサー.C.クラークのファンとしてはちょっと期待はずれの一冊でした。『2001年…』以来、内容がわかりにくいとの評判を、さすがの巨匠も気にしすぎたか……?

 マニアとしては、やっぱり2−3回読み直さないと分からないぐらいがいいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本3001年終局への旅

2019/03/07 00:45

クラークの終着駅

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:H2A - この投稿者のレビュー一覧を見る

この結末には失望したと言うしかないが、あの超越的な存在のモノリスがそんなものにやられるのかという突っ込みはそもそもなしだろう。クラークは「超光速」を否定したが、そのことがもたらす時間の感覚には幻惑される。人間の所業に対して神の鉄槌が下るのか、取るに足らぬとして無視されるのか、クラークは老魁にも答えを見せなかった。光が往復するのに要する人間の尺度ではあまりにも長い期間が必要だからだ。漂流して蘇生したブールの目撃する西暦3001年の未来世界にも新味はあまり感じないけれども、この巨匠の描く未来はやはり美しい。クラークはそうした楽観的で端正な世界の住人だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本2061年宇宙の旅

2016/11/26 19:14

クラシックとして

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本が書かれたのが1987年ですので、ほぼ30年後の今からすると現実とかなりずれている部分もありました。
もちろんSFは予言の書ではないので物語として、素直に楽しめば良いのでしょうね。

小説版ではなく映画「2001年宇宙の旅」でしか観ていないので、その印象が強いのですが、もっと観念的な世界観の物語がこの作品でも描かれるのかなと思ったいたのですが、割と淡々とした太陽系内の木星の衛星探索旅行記みたいな内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本2061年宇宙の旅

2001/09/08 05:24

幕間劇的な作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『2001年宇宙の旅』、『2010年宇宙の旅』と続くシリーズの3冊目である。

 幕間劇的な作品であり、はっきり言って作品自体の力は弱い。しかし興味深い点もある作品である。こういう楽しみ方は本筋ではないのだろうが、この連作の各作品で描かれる宇宙船の進歩の様子が面白いのだ。

 この作品の舞台である2061年というのは、宇宙船技術の進歩により、まさに太陽系全域が人類の活動範囲になる時代を目前に控えた時期として設定されている。2001年の〈ディスカバリー号〉、2010年の〈レオーノフ号と、時代が進むにつれ宇宙船は進歩してきた。そして2061年の科学技術の粋が建造した〈ユニバース号〉〈ギャラクシー号〉は、祖先たちと比べて帆船と飛行機くらいの差がある高性能機なのだ。

 ただひとつのミッションのために建造され、それを果たしたら寿命を迎える〈ディスカバリー号〉と〈レオーノフ号〉、だが〈ギャラクシー号〉と〈ユニバース号〉は、顧客の要求に応じて太陽系内をあっちへ行ったりこっちへ行ったりする貨物と客を運ぶ船なのである。

 「太陽系」というものの意味が変革した時代、「太陽系」が行く場所から居る場所へと変化したその時代なのである。

 しかしこのユニークな点も、あの残念なクラークのちゃぶ台ひっくり返し『3001年終局への旅』を知ってしまった今となってはあまり高く評価できない。

 クラークには、モノリスの出てこない太陽系開発ものの連作を書いてほしかったなと思ったりする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。