サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【ポイント】ダイヤモンド社 ポイント30倍フェア(~9/30)

電子書籍

そして誰もいなくなった みんなのレビュー

  • アガサ・クリスティー (著), 青木久惠 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本

そして誰もいなくなった

紙の本そして誰もいなくなった

2017/05/28 19:35

1939年作品。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

クリスティーノンシリーズミステリ。一応犯人は覚えているはずの状態での再読。動機は結構忘れていた。
この作品はアクロイド以上にアンフェアだと思う。でも面白い。これが戦前作品ってやっぱりものすごい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そして誰もいなくなった

紙の本そして誰もいなくなった

2017/01/31 08:07

さすがアガサ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナウシカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすがです。時代は恐ろしく昔なのに、古さを微塵も感じない。その時代にどっぷりはまりました。携帯がないのが当たり前と思ってしまう。引き込まれかた。凄い

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そして誰もいなくなった

紙の本そして誰もいなくなった

2016/12/28 21:46

不朽の名作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コスモス - この投稿者のレビュー一覧を見る

アガサ・クリスティーの代表作である「そして誰もいなくなった」
傑作の一言に尽きると思います。
この作品の魅力は次のような点だと思います。
・犯人が自分たち(被害者)の中にいること
・現在進行形で殺人事件が進行していること
これらにより、他の作品に比べて緊迫感の漂うミステリー小説になっていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そして誰もいなくなった

紙の本そして誰もいなくなった

2016/11/18 16:27

えっ!?その人が...

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:だいすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

古い童謡と、過去の犯罪の告白のページにそれぞれしおりを挟んで、先を読んではしおりに戻りを繰り返した(^_^;)
そして最後に犯人がまさかの人物でした!!
どんどんアガサワールドに引き込まれていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

そして誰もいなくなった

電子書籍そして誰もいなくなった

2015/09/27 01:38

さすが名作。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Shinano - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても有名な小説なのでずっと読みたかったのですが、今回、翻訳が新しくなったそうなので、買いました。おもしろくて読むのが止まらないです。携帯電話、インターネットの無い時代なので、なかなか助けを呼べないところも現代小説と違って、どきどきします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

そして誰もいなくなった

電子書籍そして誰もいなくなった

2015/08/25 16:22

傑作の一言に尽きる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:historian - この投稿者のレビュー一覧を見る

“ミステリーの女王”アガサ・クリスティーの作品でも最高傑作の呼び名高い作品。あまりにも傑作なので、レビューして内容を少しでもばらしてしまうのがもったいないくらいなので、内容にはふれません。期待を裏切らない評判通りの傑作でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そして誰もいなくなった

紙の本そして誰もいなくなった

2015/06/01 22:39

おすすめ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KY - この投稿者のレビュー一覧を見る

推理小説の古典中の古典ですが、そうなるにはそれなりの理由があるということで…とても面白いし先の読めない展開です。訳もそんなに悪くなかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そして誰もいなくなった

紙の本そして誰もいなくなった

2013/08/16 22:30

名作です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

クリスティは個人的には大好きな作家なのですが、その中でも本作品は一押しです…って普通のコメントでスイマセン。
1人…また1人と減っていく中で誰が犯人なのか?…心理戦やその結末など見事の一言につきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

そして誰もいなくなった

電子書籍そして誰もいなくなった

2013/08/10 07:03

そして誰もいなくなった…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ベタですが、名作だと思います。
夏休み期間中に読み返したい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そして誰もいなくなった

紙の本そして誰もいなくなった

2013/04/09 01:20

面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

素晴らしかった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

【期間限定価格】そして誰もいなくなった

驚き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トコトコくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんとまぁ!!ラストが衝撃です。
感想を具体的に述べると、内容が分かってしまうかもしれないので、あんまり書かない方が良さそうです。音白いです。読んでいて、読者の頭に出る謎は全て解消法されます。スッキリします。
面白いです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そして誰もいなくなった

紙の本そして誰もいなくなった

2017/03/29 06:40

ドラマになったので

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひややっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生のころからアガサクリスティが大好きで・・かれこれ30年40年近いファンでございます。先日本作が日本のドラマになっており、内容を大分忘れているなと読み返してみました。すごいなあ、さすがのプロット展開です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そして誰もいなくなった

紙の本そして誰もいなくなった

2016/12/05 19:34

絶海の孤島に引き込まれるミステリー!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たれぱんだ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読んで、アガサクリステイーらしいストーリーだと思いました!
犯人はの予想がついたところでまさかのどんでん返しが起こる、最後まで目が離せないストーリーです。
章も短く切られていて読みやすいし、どんどん読みたくなります。
絶海の孤島でのミステリー体験、いかがでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そして誰もいなくなった

紙の本そして誰もいなくなった

2011/01/28 11:47

不朽の名作を新訳で『そして誰もいなくなった』(青木久惠訳)

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』を読むのは、ここ半年で二度目。といっても、同じ作品を二度記録しようとしているわけではなく、訳者が違う。前回読んだ『そして誰もいなくなった』の翻訳者は清水俊二氏。そして今回読んだのは新訳で、訳したのは青木久惠氏だ。

クラシックに関する話題でよく、「○○の(例えば)ショパンが好き」なんてのを耳にする。この「○○」部分に入るのは、(この場合、ショパンがピアノ音楽だから)ピアニストの名前だ。例えば「辻行くんのショパンが好き」、「いやいやわたしはショパンならばキーシンの方が好みだ」といった具合に。

同じ作曲家の同じ曲でも、ピアニストによって曲が醸し出す雰囲気は異なる。ピアニスト(だけに限らず演奏家や指揮者)は、作曲家の意図を自分なりに解釈して、演奏するらしいのだけれど、この工程って――読書や絵画鑑賞にも通じるものがあるとは思う――、翻訳作業とすごく似ている(気がする)。

原作者の意図を正確に汲み取って、別の言語に置き換える。だけど、その別の言語で不自然になってはいけない。かと言って原作からかけ離れすぎてもいけない。同じ作品を題材にしても、訳者によって特色が出る。

だから、読み比べが楽しい。

今回の新訳では、わたしが苦手としている会話文(誰が何をしゃべっているのか理解に時間がかかる)の箇所が清水訳よりも断然わかりやすくなっている。

しかし、全体の雰囲気としては青木訳よりも、清水訳の方が好み。なぜだろうなぁ。「ちょっとした差」なんだろうけれど、「塵も積もれば」で全体的にみたら「大きな差」になっている。

今回の訳で特に好きになれなかったのが島の名前。清水訳の「インディアン島」のほうが断然いい。青木訳の「兵隊島」より、断然。これだけは賛同してくれる人、多いのではないかしらん。

内容に関しては――清水訳を読んで日が浅いのに――、やはり面白かった。疑心暗鬼になって恐怖に駆られていく様子がありありと伝わってきて、結末を知っているのにドキドキハラハラしてしまう。

そういえば…清水訳の時は気にならなかったけれど、青木訳では最後のひとりの顛末がご都合主義に感じられた。どうしてかなぁ…。

そういうところも含めて、翻訳ものの読み比べって、面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

14 件中 1 件~ 14 件を表示