サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン (~9/30)

電子書籍

これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学 みんなのレビュー

  • マイケル・サンデル (著), 鬼澤忍 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学

とても面白く、考えさせられる一冊です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、『ハーバード白熱教室』として2010年にNHKにて放映されたので、内容についてはご存知の方も多いと思います。たとえば、1人を殺せば、5人が助かるという状況があった場合、私たちは1人を殺すべきか?金持ちから高額の税金をとって、貧者に配分するというのはどうか?など、道徳的に、倫理的に考えさせられる課題が突き付けられ、私たちはその課題の前に立ち止まってしまいます。本書は、こうした難しい課題や問題に対して、明快に解答を与えていきます。テレビでご覧になった方も、活字でもう一度、読みなおされることをお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学

「正義」をめぐる哲学の問題を紐解く!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kybeatle - この投稿者のレビュー一覧を見る

「1人を殺せば5人が助かる。あなたはその1人を殺すべきか?」正解のない究極の難問に挑み続けるハーバード大学の名講師マイケル・サンデル教授の問いに取り組むことで見えてくる、よりよい社会の姿とは?
NHK『ハーバード白熱教室』とともに社会現象を巻き起こした大ベストセラーが待望の文庫化!!
読めば読むほどその面白さに引き込まれていきます!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学

哲学はおもしろい

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねったいぎょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

哲学というと、おもしろくないイメージがあります。その負のイメージを一新した一冊なのではないでしょうか。具体的で身近な例を出してくれるので、自分ならどうするかということを考えさせられます。哲学に興味がない人も、この本は楽しみながら読むことができるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学

考え抜く力を育てる一冊。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

マイケル・サンデル教授の専門は政治哲学で、ハーバード大学で
教えるようになって三十年以上です。
正義と銘打った講義を設けたら大変人気が出て、これまでに
14,000人以上の人が履修しました。この一冊は、長年にわたる
講義を元に構築されています。
哲学ですから、書かれたというより積みあがっている感じがします。

例示も具体的で、カントやアリストテレスなど、誰もが知っている
思想家からの引用も多いです。
名前は聞いたことはあるけれど、中身はよく知らないという人が
多いのではないでしょうか。

大学の講義がベースなので平易とは言えない部分もありますが、
素人でも手に取れるようかみ砕かれています。
多面的に議論を展開しているので、哲学の入門書としても
最適です。

第一章は「正しいことをする」
ここから議論が始まります。
メキシコ湾で発生したハリケーンの被害により、電気が止まり、
屋根の上に木々が倒れかかり、緊急避難的にモーテルで
寝泊まりするはめになった人がいました。
ところが、そこで請求された金額が法外なふっかけだったのです。

あえて法外なふっかけと書きました。
市場原理主義者なら、需要と供給に則っただけとの考えに
なるでしょう。業者にしてみれば、大量のバックオーダーを抱え、
作業条件も悪く作業員の確保もままならないわけですから、
不当な金額を請求したわけではないとの思いもあるでしょう。
正しい価格とは何でしょうね。

古代から現代まで、脈々と受け継がれる哲学を学ぶ必要性が
言及されています。
正義と権利、義務と同意、名誉と美徳、道徳と法。
政治哲学者は、このような理念について考え抜いているのです。

わたしは、市場原理ですべて決まる的な考え方に違和感を持って
いましたし、事件があった時にまき起こる自己責任という言葉も
気になっていました。そんな感覚に考え方を示してくれる本でした。

理想通りにいかないことはいっぱいあります。
この本を読んで、心が少し整理されました。
答えは一つではないかもしれませんが、考えることが大事ということが
伝わりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示