サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

修正:定期購読キャンペーン(0810-31)

電子書籍

茶色の服の男 みんなのレビュー

  • アガサ・クリスティー (著), 深町眞理子 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

茶色の服の男

紙の本茶色の服の男

2014/07/31 20:38

こんな素敵な主人公に恋しますよ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yami_aru - この投稿者のレビュー一覧を見る

長編第四作で好きな作品です。
アガサの描く女性のなかでもっとも冒険心に富、波乱万丈、荒唐無稽な行動、素敵なキャラクターです。
映画化するならもってこいです。(まああり得ないとストーリー言わないでください)
この時期の作品は冒険小説、スパイスリラー物が時勢柄さすがに多いです。
(アクロイド殺しが多少奇異に見えます)
少年少女物としても十分楽しめますし大人が読んでも魅力的なキャラクターばかりです。
冒険小説系では謎の首謀者が最後まで明らかにされず、ハラハラドキドキ楽しませてもらえますが本作も「チムニーズ」「秘密機関」と並んで双璧。(三つ壁か?)と思います。
まさにいつ読んでも青春を思わせる素敵な作品ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

茶色の服の男

紙の本茶色の服の男

2016/12/26 21:41

アガサ・クリスティーが世界一周をしたときの経験を基に描かれた冒険ミステリー小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コスモス - この投稿者のレビュー一覧を見る

アガサ・クリスティーによる長編推理小説。
作者は本作品を執筆する一年ほど前に、宣伝使節の夫に同行して世界一周をしており、主人公の旅行の描写はその時の経験を基に描かれています。
なので、冒険ミステリー小説としてスリルや興奮を味わうだけでなく、文章を通じて伝わってくる風景を楽しんでほしいと思います。
また、主人公の日記と別の登場人物の手記による二つの視点で構成される本作品は、某有名ミステリー作品のトリックを先取りしているので、そこにも注目するとさらに面白いかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

茶色の服の男

紙の本茶色の服の男

2017/04/05 20:14

高名だけど

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

貧乏な人類学者の娘アン。父親が病死し、自立を考えねばならない彼女は、偶然地下鉄事故を目撃し事件に巻き込まれていく。 ・妖艶なロシア人ダンサー(もちろんスパイ)・事故現場に落ちた紙片に暗号のような文字列・職業婦人(新聞特派員!)となった主人公・南アフリカへの船旅・社交界の花形の人妻・諜報員といわれる男性・陰のある男との角突き合いからのロマンス・安楽な生活を望むが、陰気な秘書により仕事に追いやられている(と主張する)下院議員等々、てんこ盛りの冒険小説。ストーリーは結構粗があるけど、地域や状況、キャラクターの動きで500ページ以上を読ませるんだからやはりクリスティー凄い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示