サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【ポイント】ダイヤモンド社 ポイント30倍フェア(~9/30)

電子書籍

ビッグ4 みんなのレビュー

  • アガサ・クリスティー (著), 中村妙子 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

ビッグ4

紙の本ビッグ4

2007/04/11 14:09

長編だが、意外にスピーディー!<ビッグ4アガサ・クリスティー著

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴぃたぁ・パンダ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ちょっと変った風貌」(笑)と、「世界一の灰色の脳みそ」が売りの、中身もちょっと変わったおっさん(笑)、エルキュール・ポアロのシリーズ の作品。
私の中では、どうしても、デビッド・スーシェ が演じるポアロ のイメージが強すぎて、しかも、声優の熊倉一雄 との相性もぴったりで、他の人では、ちょっとイメージできないほど、鮮烈なキャラクターになってしまっている。
史上最高と評価されたシャーロック・ホームズ冒険 のジェレミー・ブレッド(ホームズ役) と並ぶはまり役だと思っている。
さて、本題に戻って(笑、ビッグ4 は、世界制服をたくらむ国際犯罪組織の話である。
いつのまにか、相棒のヘイスティングスが、結婚して、南米で牧場を経営していて、びっくり!
しかも、奥様の名前が、「シンデレラ」。思わず、アガサ・クリスティ に、おいおいと、突込みを入れたくなってしまう(苦笑
そのことを踏まえ、今回の話は、相棒ヘイスティングスが、色々な用事を済ませるために、大陸経由で、ロンドンに戻るところから話が始まる。
類は友を呼ぶとはよく言ったもので、ヘイスティングスは、ポアロをびっくりさせる為に、ロンドンに帰ることを連絡していないし、
ポアロも、顧客の依頼で南米へ行くことになっているのに、ヘイスティングスヘは、連絡していない。
お互い、友人をびっくりさせようと思っていたのだった(笑
ということで、内容紹介にも有るように、飛び込んできた男が、ポアロの住宅兼事務所で死んでしまうところから、話が展開していく。
長編にも関わらず、スピーディーに話が進んでいく。
解りやすいのは、訳者の腕がいいのか、元々がそういう展開なのか、原作は読めないので(読めないことは無いけど、ものすごく時間が掛かる・自爆)よく解らないが、一度読み始めたら、止められない勢いである。
という事で、イギリス・フランス・イタリアなど駆けずり回って、事件が進んでいく。
このあたりは、007を意識しているのだろうか?と思わせるほどである。
因みに、イアン・フレミング (1908-1964)、アガサ・クリスティ (1890-1976)と、お互い影響(嫉妬か?)し合える環境下にいたことは確かである。
大きいどんでん返しではないにしても、スピーディーに、小どんでん返しが結構あって、意外性が楽しめる一作である。
http://ameblo.jp/ye0329/entry-10029001726.html

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ビッグ4

紙の本ビッグ4

2016/03/14 23:06

短編をまとめて、

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

一作の長編にしたそうです。
ある意味ホームズのパスティーシュ?と思う部分も。
いきなり現れる悪の総帥たる秘密組織、探偵より頭脳は優れているが、怠惰なため探偵にはなれない彼の兄……笑
評判はあまり良くないようですが、やはり読ませる面白い物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ビッグ4

紙の本ビッグ4

2016/07/02 18:38

短編を繋げた長編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スミレ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ポアロシリーズ第4弾です。
ポアロと相棒のヘイスティングスのまわりで次々と事件が起こり、その影には「ビック4」とよばれる組織が存在する。
訳者の後書きを読み、短編を繋げて1つの長編にしたようで、なるほど~と思いました。
次々と人が殺され、犯罪組織の連中まで全員死体となってしまうのには、ちょっと残忍さを感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ビッグ4

紙の本ビッグ4

2012/03/09 15:30

愛があれば楽しめる・・・はず?

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koo± - この投稿者のレビュー一覧を見る

引き続きクリスティ。「なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか? 」がよかったので。

これも読みやすかったです。活字の大きいクリスティー文庫。しかも新訳。おいおい「難解な古典に挑む」という趣旨はどこへ行った? 

●国際犯罪組織との戦い
盟友ヘイスティングスとの再会も束の間、突然ポアロの家に訪れた英国情報部員。取り付かれたように空に書くのは数字の4。こうして国際犯罪組織ビッグ4との戦いが幕を開けます。

国際犯罪組織ですか。コナンくんの黒の組織みたいですね。いやショッカーかな? 良く言えば古典的な冒険小説の風合。悪く言えば大昔の子供だましな漫画のノリ。ビッグ4の仰々しいイメージが先行するわりに、存在意義やリアリティが希薄でした。

●レトロな漫画を読む感覚で
どうやら短編を無理やりつなぎ合わせて長編に仕立てたのだとか。ネットでも「駄作」「黒歴史」とやたら酷評。

たしかに、いつものポアロシリーズっぽくないです。でも、ヘイスティングスの奥さんの存在が垣間見えたり、ポアロの●●の●が活躍(?)したり、そして2人の友情が、いつになくやたらアツかったり。サイドストーリーとしてはけっこう楽しめます。ちなみにエルキュールはヘラクレスの仏語読みなのだそうです。尊大な彼のイメージにピッタリですね。

レトロな漫画を読むような感覚で慈しめば、きっと腹も立たない・・・はず?

※「です・ます調」レビュー100本ノック。20本目。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示