サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

火曜クラブ みんなのレビュー

  • アガサ・クリスティー (著), 中村妙子 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

火曜クラブ

紙の本火曜クラブ

2003/11/09 15:40

ミス・マープルは本当にイギリスにいるのですたぶん

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

英国湖水地方のウィンダミアにいく途中の駅で、ローカル列車を待っていた。
ちょうど昼過ぎだったので、何か食べようと思い、駅の売店で
キドニーパイを買った。ところが中年の店員は、
平べったい皿に入ったパイだけよこして、フォークやナイフをくれない。
「おかしいなぁ、これってかじるの?」と不思議に思ったけれど、何せ
初めての英国一人旅。英語で質問するには、勇気がなかった。
仕方なく座ったベンチの端で、さいぜんから白髪の老婦人がちらちらと
こちらを見ているのに気がついた。私が覚悟を決めてかじり出すと、
「あのね、それはフォークで食べるのよ。」
と婦人は話しかけてきた。
びっくりした私は、
「えっ、でも…。」
ときょろきょろあたりを見回し、
「フォークないんですけど。」
と言うと、婦人は苦笑しつつ、売店の方へ行った。
そして、
「はい。」
と私に手渡すと、またベンチに座ってクロスワード・パズルの本に
熱中し始めた。
「あ、ありがとうございます。」
と言って食べ始めた。
やがて列車がホームに入って来ると、
彼女は一度私に会釈して、列車に乗り込んでいった。

上品な物腰に服装。
好奇心はあるけれど、今どきの若者みたいに表に出さないし、
やたらめったら話しかけてこない。
必要最小限な事だけ言って、自分の趣味に没頭する。
うーん、まさしく、ミス=マープル。
彼女が戻っていく場所は、やっぱりセント・メアリー・ミードみたいな
こじんまりした村なのかなぁ。まさかね。
あれこれ空想しながら、私は
ミス=マープル登場の短編集-本作の事を思い出していた。

前警視総監のサー・ヘンリー・クリザリングはセント・メアリー・ミード村を訪れ、
知人の作家レイモンドの叔母であるミス・マープルの晩餐に招かれた。
同席したのは女流画家ジョイス・ランプリエール、老牧師ペンダー博士、
ペザリック弁護士。その席上、一同は毎週一人ずつ迷宮入り事件の謎を
提出して、皆で推理しあうことになる。最初の語り手は前警視総監。
しかしえび料理の中毒事件の真相は難問で、誰も当たらない。
ところが、正解を出したのは、「気持ちを傷つけたくないから、
仕方なく仲間入りさせたけれど、仲間入りをしている事さえ忘れられていた」
ミス・マープル!

「だれだれ殺人事件」「なんとか盗難事件」なんてものものしい
話をしているのに、突如「村の保健婦が」とか
「村の爺さんと家政婦が」など
たわいない話を始めるマープルに、登場人物同様
「なな、何を言い出すんだ、この人?」
と面くらったが、その後、村の出来事に当てはめて犯罪を解決していく
彼女の推理法が展開されると、毎回「参りましたぁ。」と白旗を掲げていた。
女優、画家、作家、村の名士達がそれぞれ推理を展開するが、
それぞれ肩書きを持つ身だから、似たような立場の人々が関係する
事件の枝葉末節に惑わされ、逆にタイトルを取り払った人間性に着目したマープルが、回答を出してしまうというパターンが読んでいて痛快だった。
見た目はどうってことない人が実は名探偵というパターンに、私がはまった
きっかけは、このシリーズだったと思う。

これらの短編で使われたモチーフ、シチュエーションは長篇で使われている場合もある
ので、どこでどんな風に使われているのか、探して見るのも一興。
同じ女同士として、マープルが心憎い配慮を示す「バンガロ−事件」
話下手なバントリー夫人が、事件の顛末を語ってゆく、
そのやり方がまさに推理小説を書いてゆく過程そのものだった「毒草」が
お気に入りである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

火曜クラブ

紙の本火曜クラブ

2015/08/27 10:40

このおばあちゃん、すごい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とと - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろんな人がひとつの部屋に集まって、自分の遭遇した奇妙な話をしていく。それを、おばあちゃんがどんどん推理して正解を重ねる!というお話。すごい、すごい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示