サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

 【ポイント】経済ビジネスジャンル全品ポイント最大50倍施策(~10/26)

電子書籍

ひらいたトランプ みんなのレビュー

  • アガサ・クリスティー (著), 加島祥造 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

ひらいたトランプ

紙の本ひらいたトランプ

2004/01/13 22:52

多角的に楽しめるクリスティ作品

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:一石 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 おなじみ、名探偵ポアロ・シリーズ。

 パーティでブリッジをしている最中に、ゲームに参加していなかったパーティの主催者が殺される。
 ブリッジのルールを知らないと(私もよく知らない)このへんの状況わからないのかもしれないが、知らなくても楽しめる。四人でやるカードゲームだが、順番で「ダミー」というゲームを傍観する役回りがあるようだ。誰かがダミーになっている間に犯行に及んだらしい。しかも、殺された被害者が生前にポアロに言っていたのだが、この日のパーティの客は、みな過去に完全犯罪を犯しているというのだ。

 ブリッジのゲームそのものがヒントになっている点もとても面白いのだが、各容疑者の過去を洗っていく段階も、読み応えがある。容疑者一人一人の話だけでも、それぞれ短編が書けそうなぐらいの深みがあるのだ。
 ラストはどんでん返しにつぐ、どんでん返し。そこには、クリスティらしいユーモアも隠されている。

 この作品は、ポアロ物であるというだけでなく、クリスティ自身をモデルにしていると思われるオリヴァ夫人という推理作家が登場する。彼女は「蒼ざめた馬」にも登場していたし、ほかのクリスティ作品にも顔を出しているようだ。そのオリヴァ夫人の初登場の作品が、本作らしい。
 ほかにも、ここでは他の作品で活躍する登場人物が描かれている。

 ちなみに、本作品は、何年か前にクリスティ・ファンが選ぶ好きな作品ベスト5に選ばれたこともある。定番以外でオススメするなら、この作品だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ひらいたトランプ

紙の本ひらいたトランプ

2017/07/15 21:21

ブリッジを知らなくても楽しめます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アジア坊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブリッジのゲーム中に起こった殺人を推理するポワロ。
ブリッジを知らなくても楽しめますとか、知っていたらもっと楽しめますとか、
色々な意見がありますがブリッジのルールを知らなくても100%楽しめますから
安心して読んで下さい。
クリスティのストーリーテリングこそがこの作品の本当のポイントだからです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ひらいたトランプ

紙の本ひらいたトランプ

2017/02/28 23:13

ブリッジのルールなんか知らないが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヨシアキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なかなか楽しめました。クリスティの他の作品のからのゲストが探偵役で登場するのが嬉しいです。遊び心のある作品です。
巻末の解説に簡単なブリッジのルールが書いてあるんですが、ブリッジの得点の付け方については触れられていないのが、不満ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ひらいたトランプ

紙の本ひらいたトランプ

2016/05/31 10:38

ひらいたトランプ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Carmilla - この投稿者のレビュー一覧を見る

アガサ・クリスティが1936年に発表した、名探偵「エルキュール・ポアロ」シリーズの一つである。クリスティ作品の登場人物が多数出てくるほか、舞台装置にブリッジ(正式には「コントラクトブリッジ、以下ブリッジと明記」)カード(=トランプ)ゲームの一種)が登場するのが特徴である。だがブリッジというゲーム自体、ルールを含めて日本ではよく知られていないため、欧米に比べて日本での評価が低い作品になっている。1976年に文庫本が刊行され、2003年に同じ訳者による改訳本が刊行された。私が紹介するのは前者であり(こちらは絶版)、カバーデザインは真鍋博が担当している。
ブリッジ・パーティーの主宰者が、何者かに殺された。容疑者として浮かんだのは、一癖も二癖もあるものばかり。彼はお得意の会話を駆使して容疑者を追い詰めていくが、終盤の展開は二転三転する。こいつが真犯人なのか?と思ったら別の人間が容疑者として浮上し、そして消えていく…という物語の進行をどう評価するか?問題解決の手段もブリッジに関する知識を用いているため、このゲームに関する知識がない読者には楽しめないだろう。簡単に言えば「人を選ぶ作品」であるということだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示