サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

東洋経済新報社全品ポイント50倍(相乗り施策)(~11/23)

電子書籍

おしどり探偵 みんなのレビュー

  • アガサ・クリスティー (著), 坂口玲子 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

おしどり探偵

紙の本おしどり探偵

2016/12/17 09:59

若夫婦トミーとタペンスが活躍する探偵小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コスモス - この投稿者のレビュー一覧を見る

アガサ・クリスティーが生み出した探偵コンビ、トミーとタペンスが活躍する本作品。
本作品では国際探偵事務所を開設した若夫婦の二人が持ち前の旺盛な好奇心と若さで事件を解決します。
収録されている事件内容はバラエティー豊かに取り揃えられており、読者を飽きさせません。その上、それぞれの事件は平均すると30ページほどにまとめられているので、あっという間に読み終わるので、忙しくて本を読む時間がない人にも楽しみやすい本ではないかと思います。
小説の最後に載っている解説を読んでしりましたが、二人が登場する作品は5作あります。
本作品は二人が登場するシリーズの第2作目であり、唯一の短編集です。
二人が初登場する作品は「秘密機関」ですので、気になる方はそちらをお読みください。ただし、本作品はそれを読んでいなくても、十分楽しめると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おしどり探偵

紙の本おしどり探偵

2013/12/20 20:49

軽快

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

数は多くありませんが、このシリーズも大好きです。
有名探偵を真似ながら事件を解いていく…素人っぽさも味があっていい感じです。
短編なのもちょっとした時に軽く読めるので良いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おしどり探偵

紙の本おしどり探偵

2004/04/21 19:00

クリスティーのミステリのなかでも大好きなキャラがこのふたり、トミーとタペンスです

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

クリスティーのミステリの探偵キャラ。灰色の脳細胞を使って推理するポアロ。セント・メアリ・ミードの村の噂話に耳を傾けながら、謎を解きほぐしていくミス・ジェーン・マープル。幻想世界からやって来た謎の男、ハーリ・クィン。そのほか、パーカー・パイン、バトル警視などいるけれど、私が一番好きなのはトミーとタペンスのコンビです。

彼らが活躍する5冊、順に『秘密機関』『おしどり探偵』『NかMか』『親指のうずき』『運命の裏木戸』のなかでも、若いふたりが嬉々として冒険に飛び込んで行く最初の2作品である『秘密機関』と、連作短編集の本書がとても気に入っています。

トミーと、良きパートナーのタペンスのコンビの冒険を見ていると、クレイグ・ライスのミステリ、『時計は三時に止まる』『大はずれ殺人事件』『大あたり殺人事件』『暴徒裁判』などに登場するジェイクとヘレンのふたりのことを思い出したりします。イギリスとアメリカと国こそ違っても、互いに相手のことを気にかけ、事件の渦中にぽんと飛び込んでいくイキの良さ、女性キャラが闊達で溌剌としたところに、とても通じ合うものを感じるのです。

本書は、トミーとタペンスの夫婦が、英国秘密情報局長から探偵事務所の仕事を任され、活動の中で正体不明の人物を見つける任務を依頼される、そこから話が始まります。平凡な毎日に退屈し、スリリングな冒険を望んでいたふたりですから、飛びつくように依頼を受けて、探偵業を始めます。
探偵事務所を訪れる依頼人たちに注意を払いながら、事件を調査していくトミーとタペンス。当然、危険な目にも遭うのですが、それこそふたりが待ち望んでいたもの。心を躍らせながら、事件の中にどぼーんと飛び込んで行く。
溌剌、生き生きとしたふたりの活躍に、わくわくしながら頁をめくっていきました。そうして読み終えて一言。
「ああ、楽しかったなあ」

トミーとタペンスのコンビ探偵のシリーズ。これから読んでいく方は、若かったふたりが年を重ねて行くのを見守るように読み進めて行くと、また違った感慨も湧いてくるんじゃないでしょうか。できれば、上記第2段に記した順番に読み進めて行くことをお薦めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示