サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

修正:全商品20%OFFクーポン(1123-26)

電子書籍

死人の鏡 みんなのレビュー

  • アガサ・クリスティー (著), 小倉多加志 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

死人の鏡

紙の本死人の鏡

2013/05/20 22:16

死人の鏡

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ホームズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どの作品も読んだことがあるな~って感じたけどもとになる短編があったんですね~。そしてきっとどの作品もドラマの方で観たことがあったんだな(笑)『死人の鏡』はそれなりに良かったとは思いますがそれ以外の作品は少し微妙な感じがしてしまった。全部がポアロの登場なので楽しめはしましたが(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死人の鏡

紙の本死人の鏡

2013/06/22 17:16

どうも既視感が漂う作品が多過ぎて、クリスティーの短編集、そしてポアロものの短編集としては、いまいちでした

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミルシェ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうも、これはポアロもの限定の、短編集ではありませんが、これも同じく短編集の、「教会で死んだ男」の「潜水艦の設計図」と、こちらの「死人の鏡」収録の、「謎の盗難事件」、そして長編「白昼の悪魔」とこちらの短編収録の「砂にかかれた三角形」が、人間関係、話の展開、共に似過ぎているなという気がしました。上記は、政治家が巻き込まれる、軍事・外交絡みの事件というのが同じだし、どちらも盗まれるものが軍隊関連の設計図だし。また、後の方の話も、奔放な女性を巡る、三角関係という構図が、似ているなと思ってしまいました。
この中で、敢えて推すといえば、「厩舎街の殺人」と「死人の鏡」になるのでしょうが、やはり、どちらも、トリックはともかくとして、殺人という行為を犯す動機としては、やや弱いような気がしてしまいした。
どうも、私は利害・怨恨など、どういう動機にしても、ある程度動機に説得力が感じられるものではないと、興味深く読めないんですよね。
どうも、いまいちという感じでした。やはり、あまりにも多くの作品を、量産していると、どうしても似通ったものが出てきてしまったり、殺人の動機に弱さを感じるものが、出てきてしまいがちなんですかね?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示