サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

メソポタミヤの殺人 みんなのレビュー

  • アガサ・クリスティー (著), 石田善彦 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本メソポタミヤの殺人

2015/08/23 13:03

ポアロが最も遠出した事件らしい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:historian - この投稿者のレビュー一覧を見る

事件に居合わせた一人物の回想という形でストーリーが進む点はポアロシリーズでも珍しいです。古代メソポタミア文明の遺跡発掘現場が舞台という、何とも異国情緒が漂う設定。加えて、十数年前に妻の密告によって処刑されたはずの夫の影が見え隠れする、ミステリアスさでも申し分なし。次々起こる不可思議な事件を、快刀乱麻のごとくポアロが解決するのは見物でした。この作品、作者のアガサ・クリスティーが離婚後に中東を旅行した折に、後に再婚することになる考古学者と出会った経験を元に書かれたともされています。ちなみに「オリエント急行の殺人」はポアロがこの事件を解決してイギリスに戻る途中に出くわした事件という仮説もあったりします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本メソポタミヤの殺人

2014/09/27 11:57

凄く良かった!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:jamesbond - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすがミステリーの女王、貫禄あり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本メソポタミヤの殺人

2019/07/29 17:53

みんな色々あるし、こういう人いるよね…と思った

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱぴぷ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初の方で、「犯人、この人だよな」と思ったのが結局、当たっていたのだが、途中、登場人物たちそれぞれの立場とか思惑とかが、読ませる内容になっていて、ここ最近読んだクリスティーの作品では一番しっくりきたかもしれない。ポアロが「…完璧な人格者だったために殺された例はまだありません!完璧な人格者はひとを苛立たせるものなのですが」といっていて、現実世界でもそうなのかどうかは私には判断できないのだが、クリスティーのミステリーの中ではそうなってるのかなと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本メソポタミヤの殺人

2017/12/27 10:46

1936年。ポアロ長編12作目。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

不幸な結婚を経て、考古学者と再婚したルイーズの元に、死んだはずの前夫から脅迫状が…の粗筋見たときは「ふふっ、自分の体験交えてるの?」と思ったが……。
ストーリーは知らなかったので、最初神父はポアロの変装かもと思ってた(体格で違うとわかるけど)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。