サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

講談社コミック ポイント最大50倍CNP(10/23~26)

電子書籍

蒼ざめた馬 みんなのレビュー

  • アガサ・クリスティー (著), 高橋恭美子 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

蒼ざめた馬

紙の本蒼ざめた馬

2012/03/21 14:41

オカルトな古き良き舞台設定

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koo± - この投稿者のレビュー一覧を見る

「蒼ざめた馬」とはヨハネの黙示録に出てくる死者が乗る馬。怪しげな館が舞台の海外古典ミステリです。ホラー・オカルト色が強いですね。古き良き舞台設定。真犯人を暴くシーンは不意打ち感抜群。驚けます。

撲殺されたゴーマン神父の靴の中には九人の名が記された紙片が隠されていました。若き考古学者マーク・イースターブルックは調査を進めるうちにマッチ・ディーピング村の「蒼ざめた馬」という古い館にたどり着きます。村人からは魔女と呼ばれる怪しげな住人たち。彼女らが呪いの魔法で連続殺人を実行しているというのです。果たしてその真相は・・・。

先日からトライしている海外古典。今回も登場人物が多くて苦労しました。相関関係をメモしながら、なんとか読了。ハァ、いつになったら慣れることやら・・・。

少々頼りないマークとヒロインであるジンジャーのじゃじゃ馬っぷり。おしどり探偵がお約束っぽくていいですね。ラストシーンもベタで微笑ましい。

ノンシリーズなのでポアロもマープルも出てきません。代わりに最近お気に入りのオリヴァ夫人が登場。残念ながらオブザーバー的な役割でしたが。前回読んだ「「死者のあやまち」のエピソードも文中で語られます。マークのいとこのローダと夫のデスパードは「ひらいたトランプ」にも登場。ファンにはニヤリと嬉しい設定です。

トリックとしては微妙。されどオカルトを科学的な真相で着地させるという点では、昨今の理系ミステリの先駆者的な役割を果しています。

新訳だったので、文体としてはやわらかく読みやすい部類でした。言い換えれば仰々しい設定のわりに、おどろおどろしさや重厚さが希薄。新訳の効果が少々裏目に出ているのかも。機会があれば旧訳も読んでみたいですね。



※「です・ます調」レビュー100本ノック。26本目。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示