サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

9月度:コミック ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

火星年代記 みんなのレビュー

  • レイ・ブラッドベリ (著), 小笠原豊樹 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

火星年代記 新版

紙の本火星年代記 新版

2010/08/18 20:44

生と死、光と影、がダンスを踊る

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃべつちょうちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

旧版も持っているのだが、
ブラッドベリに出すお金は惜しくない!
と思い、購入した。

旧版との違いは、カバーと解説だけではない。
冒頭にブラッドベリの序文と
本編に、新たに一話が追加されたことと、
一話が差し替えられたこと。
そして、時間の流れ。
旧版では物語のはじまりが1999年1月だが
新版では2030年1月に変わったこと。

本国での初の単行本化が1950年。
いわばファンサービスというかたちで
「21世紀を迎える読者にむけて、
 ブラッドベリ自身が改訂した」
この版は、1997年に発刊、定本とされた。

27編から成る、「火星移住」のオムニバス。
時を追って、色々な人たちの人生が語られる。
火星に移住するにあたって、
時期をずらして探検隊が送り込まれるが、
第1探検隊から第3探検隊までが
なぜか地球に戻ってこなかった。
厳重な体制でさらに第4探検隊が臨み、
民族大移動がはじまる。
火星で初めてのホットドック屋をひらく男。
樹木を植えて酸素と緑を供給しようとする男。
教会を建てようと、やって来た神父たち。
地球からはなれた彼らが、火星ですることは、
やはり地球でおこなわれていることばかりだった。
そして
たまに現れる火星人たちとのシュールなやりとり。
火星はいったいどうなっていくのだろうか。

翻訳がとてもすばらしいのだろうと思うが、
まるで1枚の長いCDを聴いているみたいだ。
詩のような絵画のような美しさを持つそれぞれの曲が
しずかに、問いかけるように、歌っている。

火星と地球が敵対し派手な戦いを繰り広げる話ではない。
淡々と個人の暮らしが綴られる。
そこに、人生の悲哀、文明への皮肉や警鐘が込められる。
どれだけ時が過ぎようとも、人が生きるかぎり
普遍である生への執着、死への恐怖。
それは愛への執着であり、孤独への恐怖ともいえるだろう。
生まれた星をはなれて暮らすことは
じぶん自身への疑問という絶望がつきまとう。
そんなかなしさが伝わってくる。

27編のうち特に印象的だったのは
「夜の邂逅」と「火の玉」である。
「夜の邂逅」でトマスは考える。時間の色とは、音とは、匂いとは。
あたりまえに存在するものに対しての問い。
これも本編でブラッドベリが伝えてくるテーマのひとつだと思う。
そして時間に対する問いとはじぶんの人生に対する問いでもある。
生きているかぎり時間を消費するわけだけれど、
それはいろんなことを選択したりしなかったりの連続だ。
その瞬間は、正しい選択をしているかどうかわからない。
後になってわかるせつなさ。

「火の玉」では人の獣性がえぐり出される。
人を見下すエゴ。自己顕示欲。偽善。
無欲というステージはあまりにも高いところにある。

美しい表現が散りばめられる中にも
深い哲学が内在している。
きっと何年も何年も読み継がれる本だと思う。





このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

火星年代記 新版

紙の本火星年代記 新版

2010/11/11 18:51

未来の世界に去来する希望と郷愁。火星入植の断片を幻想的に描く盛衰記。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 未来の火星の物語である本書は、分類するとすればサイエンス・フィクションに分けられるのだろうが、著者が序文で述べているように、サイエンス・フィクション的な内容をほとんど含んでいない。地球人の火星入植がもたらした先住民である火星人の衰退と、時の流れがもたらす火星入植者の盛衰を断片的に拾い上げ、レトリックを駆使して詩的に、幻想的に描く世界は、むしろサイエンス・ファンタジーと言ったほうがしっくりくる。

 本書は、『○○年○○月の話』という独立した話を並べて、一つの作品に構成したオムニバス形式で、先に述べたように、断片的な印象を受ける。それらは、ある火星人の物語であったり、ある火星探検隊の物語であったり、ある火星入植者の物語であったり。このような火星における、さまざまな場所のさまざまな人物を切り取った、一見ばらばらの物語は、頭の中に並べられていくにしたがって、それぞれがパズルのピースに似ていることに気付く。
 そして、最後のピースをはめ終わり、物語を俯瞰できたとき、希望と郷愁が去来する。その一方で、見たくない現実を突きつけられた不快感が襲ってくる。(決して本書が不快なわけではない。)

 物語は火星へ向けて待機するロケットの様子を描く【二〇三〇年一月 ロケットの夏】で始まる。
 生命が存在しないとされる、第三惑星地球から来たという男の白昼夢を見る火星人の夫人と、その夫【二〇三〇年二月 イラ】
 突如、聞いたこともない言葉とメロディを奏でる火星の音楽家たち、そして知らない歌を歌う火星の子供たち【二〇三〇年八月 夏の夜】
 失敗に終わった第一探検隊に続き、火星にやってきた第二探検隊たちの顛末【二〇三〇年八月 地球の人々】
 やがて始まる核戦争から、芸術や科学に到る国家統制から逃げるため、ロケットに乗せろと喚く地球の男【二〇三一年三月 納税者】
 第三探検隊が、死んだはずの家族や懐かしい風景に火星で出会う【二〇三一年四月 第三探検隊】
 そして第四探検隊【二〇三二年六月 月は今でも明るいが】

 ここまでが本書の三分の一ほどで、続く二〇三二年八月から火星入植が始まるが、火星で何が起きたのか、火星人はどうなったのか、なぜ地球人は入植できたのか、そのあと火星人と地球人はどうなったのか、という疑問は本書を読んで欲しい。その先に、著者が描こうとしたテーマが見えてくる。

 私は、その著者が本書で描こうとしたテーマは、『エゴ』ではないかと思う。
 詩的で幻想的な雰囲気をまとってはいるが、
●地球での争いを止めずに新しい土地を目指す地球人たち
●火星人の衰退の原因を作ったにもかかわらず、入植してくる地球人たち
●新しい罪を求めてやってきた神父たち
●想像上の生物を示唆する生産の禁止と焚書
 などの地球での価値観を持ち込もうとする、傲慢な地球人たちが数多く描かれており、北アメリカ大陸開拓史を連想させる物語を通して、人間のエゴを痛烈に批判しているように感じられる。

 本書は、初めて読んだ海外翻訳本で、期待と不安のなか読んだ。読み始めには、棒読みに感じる会話のセリフや、訳で選択された言葉に、一部違和感を感じたが、物語が進むに連れて、レイ・ブラッドベリの詩的な表現が漂う世界に引き込まれていった。読書を中断していても「火星年代記」が頭から離れない。星新一が面白いと絶賛した作品だけのことはある。
 またレイ・ブラッドベリの作品を読んでみたい。

 ところで、新版である本書は、旧版では一九九九年一月で始まる物語が、二〇三〇年一月と改められているそうだが、はじめて「火星年代記」を読む者としては、未来の話という雰囲気が壊れなくて良い。
 他にも【二〇〇三年六月 空のあなたの道へ】が削除され、序文【火星のどこかでグリーン・タウン】、【二〇三三年十一月 火の玉(刺青の男に収録)】、【二〇三四年五月 荒野(太陽の黄金の林檎に収録)】が追加されたとのこと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示