サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

OP (最大)20%OFFクーポン(~1/25)

[ポイントあり]2018年冬 映像化キャンペーン(~1/25)

電子書籍

トータル・リコール みんなのレビュー

  • フィリップ・K.ディック (著), 大森望 (編)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

トータル・リコール

紙の本トータル・リコール

2015/09/27 05:15

ディックがそうなのかSFがそうなのか

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レビア種 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分とは何なのか自我の根本を揺るがすような哲学的な命題を内に含む作品が多く何度もうなりました。
特に放射能汚染後の世界を生きる「地球防衛軍」「訪問者」は3.11を生きる現在から続く未来として眺めると絵空事として読めるものではなかったです。
ミスター・スペースシップはバカSFと称されていますが、案外まじめに読めましたよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示