サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2月度:全品ポイント最大40倍(~2/25)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン

電子書籍

マン島の黄金 みんなのレビュー

  • アガサ・クリスティー (著), 中村妙子 (ほか訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

マン島の黄金

紙の本マン島の黄金

2013/05/20 12:46

怪奇、幻想、ほのぼの、メロドラマ的恋愛ものなど、多彩な作品群

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミルシェ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主に、他では読めない、ミステリー以外の短篇が、中心です。
「クリスマスの冒険」・「バグダッドの大櫃の謎」がポアロもの。
「夢の家」、美しく、かつ妖しく強烈な引力で、いかにもこういったものに魅入られてしまいそうな、夢見がちな青年ジョンを引きつける、
白亜の謎の家。しかし、その美しさに秘められたおぞましさ・恐ろしさ、という感じで、怪奇と幻想が混合したような趣。
「崖っぷち」、秘かに好きな男性の妻が何をしようが、
クレアが、おそらく嫉妬も絡んで、ここまでの悪意を抱くのは、
理不尽な感じな訳ですが、しかし、女性の心理としては、こういうのも
あり得るのかな?と、思わせてしまう所もあり、
よけい嫌な読後感を、感じさせる作品というか。
「孤独な神さま」、これはファンタジックかつほのぼのとした、
恋愛もので、割と好きな話です。
「壁の中」、これも、この作品集に多い、いかようにも解釈できる曖昧さを残した、苦味のある恋愛ものという感じ。
やはり、女性の情念の恐ろしさという感じ?この「壁の中」という閉塞感を感じさせる作品名は、一時は、ジェインという女性に心惹かれ
安らぎを見出すものの、実は支配欲の強い妻イザベルから、
結局はけして逃れられない、エヴァラードの絶望を、表わしているのでしょうか?「光が消えぬかぎり」、メロドラマといえばメロドラマ
なんでしょうが、この悲劇を引き起こしたかなり大きな要因って、
このディアドリという女性のような。二人の男性を、明確に振り回して
やろうという意図がないだけに、かえって厄介というか。
一見大人しそうで、実は打算的な女性という、「愛の旋律」などの、
クリスティー作品に、しばしば見られるタイプの、女性という感じ。
「白木蓮の花」、メロドラマ、そして女性の自立?という感じでしょうか。最後の、テオドーラの決断は、痛快でした。
「愛犬の死」、愛犬の死を悲しんでいる、主人公の女性の今後の幸せを
予感させる、これも最後に感じる読後感は、良い話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示