サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

OP 全商品10%OFFクーポン(~9/21)

電子書籍

天使たちの探偵 みんなのレビュー

  • 原 尞
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

天使たちの探偵

紙の本天使たちの探偵

2009/02/22 00:03

凛とした文章のたたずまいが素晴らしい

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 西新宿の探偵事務所に詰めている私立探偵・沢崎が活躍する短篇集。
 一匹狼として、組織に縛られずに行動する姿、時折口にする洒落た台詞など、沢崎には、フィリップ・マーロウに通じる匂いがしますね。

 本書には、十代の少年と少女が事件に深く関わる話が、六つ、収められています。
 著者のデビュー作『そして夜は甦る』のあとに書かれた「少年の見た男」「子供を失った男」「二四〇号室の男」、第二長篇『私が殺した少女』執筆中に書かれた「イニシアル<M>の男」、そのあとに書かれた「歩道橋の男」と「選ばれる男」。以上六編に、本文庫のための書き下ろし掌篇「探偵志願の男」が、ボーナス・トラック的に掲載されています。

 最も印象に残ったのは、凛としたたたずまいを感じさせる文章の趣。雨が降る中、ひたひたと染み出してくるような、孤愁に満ちたハードボイルドの雰囲気。ぐっときましたねぇ。酔わされました。

 収録作品の中では、「子供を失った男」「二四〇号室の男」「歩道橋の男」「探偵志願の男」が、読みごたえありました。いずれ劣らぬ、銘酒を酌むがごとき味わい。
 なかでも一編だけ選ぶとしたら、「歩道橋の男」でしょうか。スピーディーで変化に富んだ話の展開。鍵となる人物が、表立って登場しないところ。後を引く余韻。珠玉の名品と言うしかありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

天使たちの探偵

電子書籍天使たちの探偵

2015/12/07 22:36

もっと書いて!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:戸井 - この投稿者のレビュー一覧を見る

寡作で有名な原さん。

面白いのでもっともっと読みたいけど、なかなか書いてくれない。

焦らしますね。この人は。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示