サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

小学館BOOK全品ポイント最大60倍(~9/28)

電子書籍

旧友は春に帰る みんなのレビュー

  • 東直己 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

旧友は春に帰る

紙の本旧友は春に帰る

2016/07/21 19:48

読んだ中では一番好きです。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化もされた「ススキノ探偵シリーズ」の10作目です。第3作目までしか読んでいなかったので主人公が緩やかですが老いを気にかける描写やセリフがところどころにあり、読んでいる私の年齢に近づいてきたのでなんだか以前よりも愛着のようなものを今回は感じました。

全体の流れというか雰囲気は良い意味で変わりません。こういうスタイルはロバート・B・パーカーのスペンサーシリーズやローレンス・ブロックのマット・スカダーシリーズなどマンネリといえばマンネリなのでしょうが私は肯定的に捉えており、アメリカのハードボイルド小説が好きな私には嬉しい作品です。

男の生き方みたいなものに、他人からくだらないと思われようが気にせず、こだわっていく主人公がかっこいいというよりもかわいいと思えてきてしまいます。現実の世界と作者の作り出した虚構の世界が本当にうまく重ねあわされていて、ストーリー的にもだれるところなく読ませますし、「ススキノ探偵シリーズ」の今までに読んだ4作品の中では一番好きな作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示