サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

総合【総合+ジャンルCMS】ニコカド2017 第4週目(10/20~10/26)

電子書籍

川は静かに流れ みんなのレビュー

  • ジョン・ハート (著), 東野さやか (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

川は静かに流れ

紙の本川は静かに流れ

2009/09/19 17:50

評判通りの面白さをもった小説

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 無罪になったとはいえ、5年前に殺人の嫌疑をかけられたアダムは事件の後に故郷を逃げるように離れた。親友のダニーからの突然の電話に懇請されて帰郷した彼を待ち受けていたのは、自分を勘当した父や昔の恋人である女性警官、そして新たな殺人事件であった。

 私は普段3冊前後の本を並行して読むのが常ですが、本書は他の書を脇に置いて黙々と読み続けてしまうほど魅力的な書でした。

 巻頭で著者が遠慮がちに注意を促すかのように記していますが、これは正攻法のミステリー小説というより、まさに「家族をめぐる物語」以外のなにものでもありません。だからこそ、この物語はひょっとしたらあなたの、そして私の物語であるかもしれない、という思いを心の底に生む展開を見せるのです。

 登場人物たちは物語の至るところで厭世的なセリフを吐露します。
 「人間とはそういうものだ。さっさと決めつけ、いつまでもねちねちと覚えている。」
 「歳を取れば取るほど背負うものが増える。押しつぶされるほどの重荷がな。」
 「人生は苛酷だ。…いろいろ大変だぞ。いいことも悪いことも、そのあとのことも。」
 5年前の事件以後もかさぶたのまま残ってしまった傷跡をさらにほじくり返すかのように、家族や友人たちは新しい事件を追う途上で鋭く切り結んでいきます。既に生きることに疲れてしまった人々をさらに完膚無きまでに打ちのめす新たな事件。

 それでもアダムの元恋人ロビンはこう語ります。
 「人生は短いのよ、アダム。心から大切だと思える人にはそうたくさん出会えない。だから、出会えた人を手放さないためには、どんなことでもするべきよ。」
 「なんの話だ?」と訝るアダムに対してロビンはこう言葉を継ぎます。
 「人間は誰でも過ちを犯すと言っているの。」

 だからこその赦しの物語と取るのか、それとも戒めの物語と取るのか、この570頁の小説に対する判断は読者に委ねられるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

川は静かに流れ

紙の本川は静かに流れ

2009/07/24 19:23

これぞハードボイルド。良くも悪くも、オーソドックス。ただし、これでアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞とれるなら楽だなあ、って思います。それと主人公の愚かさ、まさに『ライムギ畑でつかまえて』を生んだ国らしい。

10人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

良くも悪くもアメリカのハードボイルド小説だな、っていうのが読んだ印象です。これでアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作とれるなら、福田和代『黒と赤の潮流』なんてドーナル、って言いたくなります。つまり、いままでの長いハードボイルドを一歩も超えてはいない。ただしタイトルは『黒と赤の潮流』よりはずっといい。

そして、類型に嵌っていることを無視すれば、それなりに面白い話ではあります。でも、主人公であるアダム・チェイスに魅力がないのは困りものです。いい年をして自分が置かれている状況がまったく見えていません。チンピラレベルでしょう。こんな男を主人公に据える必要性があったのか? なんて思います。

ま、『ライ麦畑でつかまえて』を崇め奉るお国柄ですから、こういう人間が好きなんでしょうが、よく考えるとこれって、今のアメリカの国家としての動きとまったく同じなんですね。周囲の空気が読めず、しかも行動の基にあるのは自分だけの利益。遺産相続か、他人の富を奪うというのがアメリカ人の行動原理。いやはや、エライやつが世界の警察面しているもんです。

カバーデザインは、そのまんま映画のポスターにしたくなるようなもの。カバーデザインは水戸部功、カバー写真は James Randklev/Riser/Getty Images です。カバー折り返しの内容紹介を写せば

「僕という人間を形作った出来事
は、すべてその川の近くで起こっ
た。川が見える場所で母を失い、
川のほとりで恋に落ちた。父に家
から追い出された日の、川のにお
いすら覚えている」殺人の濡れ衣
を着せられ故郷を追われたアダム。
苦境に陥った親友のために数年ぶ
りに川辺の町に戻ったが、待ち受
けていたのは自分を勘当した父、
不機嫌な昔の恋人、そして新たな
る殺人事件だった。アメリカ探偵
作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作

です。構成は謝辞、全37章、北上次郎の解説となっています。

主人公はアダム・チェイス、28歳ということですが、その思慮の浅さは高校生レベルです。その遠因は、19年前、母の自殺に立ち会ってしまったことかもしれません。だからでしょう、大農場を受け継ぐ立場にありながら、ただ遊び呆ける愚か者で、殺人事件の容疑者になったことがあります。辛うじて無実とされたものの、周囲はそれを信じていません。

そういう社会の反応というものを、5年たった今もまったく理解できていないのです。しかも自分で財産の相続権を放棄したくせに、それが惜しくて仕方がない、としか思えない行動をとり続けますし、実際に未練タラタラです。ま、相続権放棄の決断をしたときの年齢を考えれば、納得はできますが、要は、その程度の人間です。ロビン・アレグザンダーはソールズベリー警察の刑事で、アダムの元恋人、今も独身を通しています。29歳のはず。

ジェイコブは、アダムの父親で、現在もローワン郡きっての有力者です。レッドウ・ォーター農場の主で、彼が土地を手放せばこの場所に原発が建設されるということで、土地の値上がりを期待する人間や、これで仕事が増えて町が潤うと思う輩から敵視されていますが、ジェイコブには土地を手放す気はまったくありません。

息子が犯したとされる殺人事件では、息子より妻の発言を信じます。年齢は特定できませんが、五十代のはずです。ただし、作者の筆の力が足りないせいで、60~70歳と考えたほうがスッキリします。ジャニスは、ジェイコブの後妻でアダムが容疑者として捕まった時、彼が犯人であると主張しました。これまた年齢不明ですが、話の流れでは40代でしょう。

ミリアムはアダムの義理の妹で双子の一人、23歳になる静かな娘です。自分の友人が殺されたせいもあってアダムに心を開かなくなっています。ジェイムズ(ジェイミー)は、アダムの義理の弟で双子の片割れです。美貌で今は農場の後継者としてマッチョな青年に育っています。賭け事が趣味の23歳。

ドルフ・シェパードは、レッド・ウォーター農場の62歳の作業監督で、農場の南端にある小さな家に暮らしています。その孫娘でアダムを慕っているのがグレイス・シェパードです。現在、20歳でしょう。二歳のとき川に溺れそうになっていたのを助けたのが、アダムの父ジェイコブで、五年前アダムが家を去るまでは彼女のすべてであり、美しく育った今も彼への思いは変わっていません。

ダニー・フェイスは、アダムの親友というか悪友ですが、今も彼の無実を信じていますが、アメリカ人らしくギャンブル狂で大酒のみ、乱暴ものです。ゼブロン・フェイスはダニーの父親で、息子は無頼の明るい側面を持っていますが、こちらは逆。短期で、苦しいホテルの経営者を止めて土地でもうけようと原発推進派となり、チェイス一家を憎んでいます。

これくらいにしておきますが、遺産相続で一家がもめることのない庶民には、正直、チェイス家のごたごたぶりがピンときません。継母と血の繋がらない息子、という構図は分かりますが、それにしても息子が逮捕されたというのに、父親の反応はなんといったらいいか、不自然です。いや、説得力のある描写をしていません。無論、それがミステリの要素になっていることは確かですが、もう少し書き方がありそうです。

ラストのヒネリなどは中々のものですが、アダムの造形に失敗しているので、読者が惹きこまれない、だからツイストが効かないのです。勿体無いなあ、って思います。でも、映画にしたらどうでしょう、結構、アダムに肩入れをすると思います。そうなれば、事件の謎がわかったとき、お、って感心するでしょうし、ラストの人間関係の落とし方にも納得するでしょう。

私としては、独自性を感じないので大して評価をしませんが、平均より上であることは確かでしょう。ただし、アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作にふさわしい、とは思いません。やはりミステリの章としては英国推理作家協会賞のほうが、しっかりしているなあ、というのが偽らざるところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示