サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

修正:全商品20%OFFクーポン(1123-26)

電子書籍

流れよわが涙、と警官は言った みんなのレビュー

  • フィリップ・K・ディック (著), 友枝康子 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

流れよわが涙、と警官は言った

紙の本流れよわが涙、と警官は言った

2003/09/29 22:34

がディック作品に涙など必要ない、とわたしは言った

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:脇博道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アイデンティティ喪失と、それを奪還するための主人公が不条理な戦い
を生き抜くディック屈指の名作である本書は、ディック作品お約束の
クールでハードな展開にもかかわらず不思議な詩情感あるいは無常感
がただよう異色の作品でもある。

誰でも15分間はスーパースターになれる、とウォーホルは言った。
このことばとあたかもクラインのつぼあるいはペンローズの絵のような
表裏一体あるいは知覚の逆転現象のごときストーリーが展開する。
あるいはシンデレラストーリーの裏返し的物語と称しても異論はでない
かもしれない。

ところが、ディック作品の新骨頂はそのような比較的単純とも思える
構造的アイデアを出発点としながら、じわじわと押し寄せる人間の存在
そのものへの問いかけへと常にエスカレートしていくことである。
本書もその例外ではないし、むしろそのテーマを深く潜行させながら
ラストまで奇妙な余韻(読んでいる内から余韻を感じ始めるというディ
ック作品ならではの優れた倒錯的展開!)を感じつつ読みとおすほかない。

かつて作家H・M氏は、ディック作品は気持ちがドロップしているとき
に読む、といった主旨の発言をしておられたがまさしく本書はそのような
ときに適すると思える。が誤解なきよう書いておかねばならないがその
ような気分のときの単純な癒しなどというものでは断じてない。
H・M氏の発言も勿論そのようなセンチメンタルな救いを期待するという
主旨ではない。

それではどういうことなのか。ここではシンプルにいいきってしまおう。
たとえつかのまの時間であるにせよ、本書を読んでいるとき人間とは?
そして社会とは? が直観できることである。

前言撤回。やはりひとすじの涙は流れる…かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

流れよわが涙、と警官は言った

紙の本流れよわが涙、と警官は言った

2003/06/24 15:37

内容紹介

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

〔ジョン・W・キャンベル記念賞受賞〕三千万の視聴者から愛されるマルチタレントのタヴァナーは、ある朝安ホテルで目覚めた。やがて恐るべき事実が判明する。世界中の誰も自分のことを覚えていないのだ! “存在しない男”の烙印を押されたタヴァナーは警察に追われながらも必死で真相を探る……会心の傑作!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示