サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍

楽園の泉 みんなのレビュー

  • アーサー・C.クラーク (著), 山高昭 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

楽園の泉 新装版

紙の本楽園の泉 新装版

2006/03/23 21:03

宇宙へ

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シノスケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

世の中には読むべきSF作品がいくつか存在する。『楽園の泉』は、その中でも上位にランクインするだろう、確実に。今まで絶版だったが不思議だ。
軌道エレベーター、宇宙への橋建造がメインだが、クラークの未来へのヴィジョンが詰め込まれた作品でもあり、クラーク流の文章で綴られる未来の物語は、なんとも美しい作りかけの世界を見せてくれる。
地球外知的生命体スターホルムとの接触は簡素な書き込みで終わり、神に挑んだ王が残した絵と彼自身の物語は、軌道エレベーターの話とは噛み合っていないように思える……。が、すべての物語は、天を向き、未知と神への挑戦の物語である。現場の苦労とパッションだけを小説の原動力にせず、人間の持ちえる本質と良識を、宇宙への架け橋を主軸にしながら練りあげた名作中の名作。
時の流れと重さを肌で感じることが出来る数少ない作品の一つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示