サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

4日間限定バージョン 11月度:全品ポイント最大50倍(~11/26)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 小説・文学
  4. ユーザーレビュー一覧

電子書籍

みんなのレビュー

  • 小池真理子 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

恋

紙の本

2001/08/08 10:36

<香りたつ官能、美しき異端、乾いた虚無感>というカバーにあったコピーに不審を抱いたけれど、読んでみて「おお!」と得心。「マタイ受難曲」がもたらしたという直木賞作品。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小池真理子さんというと、「悪女というものは、こういうものなのよ。こういう魅力で男をたらしこむの」調のエッセイばかり書いていたような印象があって、そういう調子の小説を読まされてもなあ…と、ずっと食わず嫌いのままでいた。直木賞受賞の本書も、タイトルと表紙の写真が何やら気はずかしくて、気にはなっていたのだけれど手に取れずにいた。
 夫君の藤田宜永さんが直木賞を取って夫婦のW受賞−−じゃ、奥さんの受賞作からでも読んでみっかなという気になった。そのニュースを知らなかったら、すれ違っていたはず。人との出会いと同様、本との出会いとは不思議なものなのだ。

 まったく癖のない文章。いったん頭のなかに留めておいて、その意味するところを多角的に検討しなくてはならないような、いかにも文学的な暗喩とか形容がほとんどない。出てくる男女の会話もナチュラルだ。会話の相手と読者に、こいつは一筋縄じゃいかないなと思わせる形而上学的な内容やけれん味がない。
 そりゃ、そういう文体で、そういうキャラクター設定なんだと言ってしまえばそれまでだけれど、快調に読み進めていくうちにすっぽりと著者のふところに取り込まれ、そこでいよいよ毒をなめさせられるという感じ。

 実際、読み終わってみると、浅間山荘事件が時代のなかでどういう位置づけができる出来事だったのかとか、人を恋するということのなかで肉欲はどんな意味をもつのかとか、罪を犯したものはそれをどう償いどう裁きを受けるべきなのかとか、ずいぶん日常から異なる地平に連れてこられていたのだということに気がついて驚く。ディープだ。その意味においてなら、小池真理子という作家は人が悪い。確かに悪女と言っていいと思う。

 物語は、一人の女性の葬儀から始まり、それに先立つ死の床の様子が描かれる。女性には、人を殺したという過去がある。それも、連合赤軍が起こした浅間山荘事件が解決をみた日、その膝元の軽井沢の別荘が舞台だった。

 まっすぐな性格の女子大生だった布美子は、英米文学を専攻する他大学の助教授が手がける官能的な大作文学の下訳を手伝うことになる。助教授には元華族の令嬢であった美しい妻がおり、夫婦は、布美子を囲む学生運動の潮流にはまるで影響を受けない超然としたところで、常識を外れた性生活を営んでいる。
 夫婦との世界の違いを意識しながらも、美しい二人の存在に惹かれ、徐々にその世界で息づくようになっていく布美子。孤独を忘れ、夢のように心地よく楽しい日々を二人と過しながら、彼女は、自分がそのカップルを同等に愛していることに気づく。
 しかし、好ましい3人の関係のバランスをこわす男性がある日現われ…。

 神が己れの中に降り立ってきた瞬間を迎えてこの小説が書けたとあとがきで述べられているが、終章はその通り、圧巻である。大切なものを人がどう扱うかということが痛いぐらいに書かれているのだ。「人生を賭けて」ということがリアルに迫ってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恋

紙の本

2004/10/11 16:38

恋、その力

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タール - この投稿者のレビュー一覧を見る

小池真理子の耽美の世界は、昼メロチックな泥沼劇になりそうな
ストーリーであっても、少女マンガの夢物語のイメージが絵として
見えてくるほどに美しい。
ところがそれと同時に、現実味のある皮膚感覚や手厳しい精神分析を
自分の体験のように痛く感じることで、“作り物”であることを忘れさせられ、
そのリアルな物語の世界に没頭するしかなくなってしまう。いったん
読み始めると、すべてを知るまでどうにも自制が効かなくなる。

冒頭近く、「この話には重大な“秘密”がある」ということが明かされる。
そのため、読み薦めながら後半深くになるまでずっと、登場人物の性格を探り、
出来事を反芻し、いったいその先にどんな秘密の暴露が可能であろうかと、
必死になって推理をしている自分に気がついた。「秘密」というキーワード
ばかりが頭から離れずにいたため、この本のタイトルは『秘密』だっただろうか、
などと考えたりもした。もしかしてこれは恋愛小説ではなく、推理小説だったの
だろうか、とも思った。
ところが、タイトルである「恋」の意味がわかった途端、
「秘密」というキーワードはその強い拘束力を失ったのである。
秘密は確かに衝撃的だった。予想のつかないものだった。ところが、
この作品に描かれる「恋」の前では、「秘密」はもはや二の次となっていた。

これは、やはり『恋』だった。愚かで浅ましくてやりきれないのが恋心であり、
人を破滅に導くまで暴走を止められないのが恋である。
耽美と退廃の小池文学極まれり。そんな迫力で迫る大作だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恋

紙の本

2016/07/23 21:18

全共闘、連赤

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学で英文学の教鞭を執る片瀬と妻の奔放な性。下訳のアルバイトに雇われ、二人に惹かれていく女子大生・布美子。やがて布美子は、殺人事件を起こしてしまう。物語は、ライターの鳥飼が、既に服役を終え、ガン末期にある布美子を取材する場面からスタート。事件をたどっていく形でミステリアスに展開する。恋愛小説の名手と称される小池氏の直木賞受賞作。まさに「恋」を描く原点が、ここにある。また、全共闘世代らしく、氏の作品には連合赤軍事件がしばしば登場するが、その原点もここにあるのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恋

紙の本

2002/02/06 01:33

純粋な恋。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凛珠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 完璧なまでに美しい夫婦に思慕を寄せる娘の物語は、この作品以外の小池作品でも見ることが出来る。「恋」では、普通ならば奔放すぎると評されるべき雛子の行動が、清らかなものとして描かれ、逆に身体のつながりを必要としない純愛を、汚らわしいものとして書いている。その描写は極めて自然であり、説得力に満ちている。精神を排し肉体を賛美するという姿勢は、ロレンスの「チャタレイ夫人の恋人」を髣髴とさせた。とはいえ、形而上学などといった学問を取り上げて云々言っているわけではないので、非常に読み易い。
 私は、残念ながら浅間山荘事件の頃には、まだこの世に生を受けていなかったのだが、当時をよく知る人には、また違った感慨があるのだろう。時代の終焉と共に、一つの「恋」も終わりを告げた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恋

紙の本

2001/10/10 21:13

恋は下心。つまり隠された本心なのです。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:takumi_y - この投稿者のレビュー一覧を見る

 盲目的に相手のことを思うのが恋で、相手の幸福を願うのが愛だという説がありますが、人を憎むことも愛することも独善の成せる技だということを知らしめてくれる話でした。

 主人公の布美子という女性はあくまでも自分の陶酔する世界の破壊者として、片瀬助教授の奥方である雛子さんが初めて恋心を覚えた男性(大久保)を憎悪し衝動的な殺人に至るのですが、その後の裁判の過程においては秘密にすると約束したことを完遂することによって片瀬助教授夫妻の体面を守ることを考えていたあたり、犠牲的な愛情の趣でもありますか。

 時代の空気に呑まれ、否応なく対峙させられている現実とはまったく異質な世界に魅せられて、離れがたく全てを委ねてしまった世界を脅かすもへの憎悪の具現としての犯罪。自分を耽溺せしめた世界や価値の明確な否定。そしてその主張が正当であるがゆえに募る憎悪。とても身勝手な理論だけど所詮強迫観念なんてそんなものかも知れないし、本人には差し迫った問題でも他人にはさして重要ではないことなのでしょう。

 愛は真心だが、恋は下心。だから愛の方が高尚なのだという説もありますが、下心というのは一番深層に隠された本心の異称であるらしいですね。とかく色恋に関しては当事者にしかわからない世界があるのでしょうが。ともかくもわたしはこんな恋はごめんこうむりたいですわ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示