サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

沈黙のフライバイ みんなのレビュー

  • 野尻抱介 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

沈黙のフライバイ

紙の本沈黙のフライバイ

2008/05/12 00:09

傑作です、日本ハードSFの到達点

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本のハードSFの第一人者、野尻抱介さんの短編集です。

 これどの作品も、ほんとアイデアが素晴らしくて、傑作です。
それもそのはず、収録作品の発表時期に物凄い間隔があいており
ほとんど、著者のベスト本といってもいいぐらいなのですから、
アイデアは、ぎゅーっと凝縮されております。

 元々、SFはアイデア一発勝負みたいな側面もあり
一つのアイデアでとりあえず、手探りというか、ツカミというか、
短編を仕上げ、そこから書き込んでいって長編にするなんて
欧米、国内問わず、よく用いられております。
 それは、おいといて、
野尻さんの作品の主要登場人物は、みんな
SFなので、理性的で、論理的な思考の持ち主なのは、
言うまでもないのですが、過激というか、リスクを恐れないというか、
兎に角前へ進もう進もうというフロンティア精神、パイオニア精神の塊です。
 それが、理論的でややもすれば、停滞気味なガチガチのハードSFに対し
強力なドライブ力というか、物語の駆動力を与えております。
このパイオニア精神が顕著に表れているのが、
文字通り、「片道切符」という題名の作品と「大風呂敷と蜘蛛の糸」 。
この辺の精神が実際の著者の言動に出ていると、巻末の解説にありました。
引用させていただくと、
「どうして、帰ってこないといけないんですかね、、」という野尻さんのお言葉、、。
これに、全てが、集められています。
「大風呂敷と蜘蛛の糸」は、若い女の子が高高度の成層圏の上、中間層で凧に乗って飛ぶという
ネタなのですが、けっこう危機的な状況なのにこの女の子の爽快感の伴う、さわやかな
心境は、なんなんだ!?。
ここに、プロットとあらすじだけでは、表現しきれません。

 ハードSFは、ガチガチの考証にセンス・オブ・ワンダー、と
著者の素晴らしいアイデアで一瞬のそのガチガチの考証を切り開いた時に
鮮やかに輝くものを読む感じなのですが、
今回は、勿論そのハードSFの持つ、輝きにも圧倒されましたが、
なにより、野尻さんの前に進もうというドライブ感、ポジティブさに
圧倒されました。
 
 ほんと、傑作です。読んでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

沈黙のフライバイ

紙の本沈黙のフライバイ

2016/05/09 22:31

短編5つ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どれも、宇宙への進出・探索を現実的に考察した作品ばかりです。
特に気に入ったのが表題作でもある「沈黙のフライバイ」です。
実際に検討されたこともあるらしい「サーモンエッグ計画」という、恒星間探索のアイディアを基にした作品です。結構現実的で、もう数年もすれば実現できそうな技術のような気がします。
しかし、この作品で実際にそれを実行するのは人間ではなく異星人の側です。人間はそれをただ見るだけです。淡々として特に盛り上がるわけでもありませんが、それがかえってよかったのかなと思います。
その他の作品もなかなかの良作揃いで、満足できる一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

沈黙のフライバイ

紙の本沈黙のフライバイ

2007/10/05 23:21

前へ進め!僕ら。宇宙へ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

フライバイ、孤独な言葉だ。通過。太陽系を通過するマイクロマシンの艦隊、それは霧のように来たりて過ぎ去る。それが人工物だと分かっていても、コミュニケーションは不可能なのか。然り。まったく異なる文明間のそれは必ず限界があることはS.レムの諸作に示される通りと思う。だが哲学、観念の世界と、現実にはまた違う様相がある。例えば電波を探知し、コード化し、解読できるものとできないものに分ける。それだけ。まずやりたいこと、出来ることをやってみる。多くは望まなくていい。たったそれだけで、新しい世界が拡がり始め、孤独はいくらかの共感に取って代われる。考えるのはそれからでも遅くない。理屈は手を動かしてから言え、寝言は寝て言え。技術者という立場での一つの倫理基盤であり、プラトン、アリストテレス的なものとはまったく異なる思想。独自性においても、現実の成果においても日本が世界に誇るべき思想だろう。それを小説という形でもっともよく表現し得ているのが、この野尻抱介だ。
表題作は、宇宙航空研究開発機構の一介の研究員がその担い手として、地道に淡々と、内心は熱く滾りながらそれを表現してくれる。「大風呂敷と蜘蛛の糸」ではそれは大学院生と研究チームが主役。こちらは凧で宇宙(といっても成層圏の少し上の中間圏まで)を目指すという、斬新だが、おそらくほんの少しの技術的飛躍と、予算獲得によって実現可能な夢のプロジェクト。巨大ロケットによる月や火星への旅に比べればささやかな冒険だが、最高の叡智と勇気が詰まっている。
「ゆりかごから墓場まで」では、生化学で人間の生存環境を培う新技術の開発者はタイのベンチャー企業、それを活用する主人公はインド人技術者というのも、近未来の世界のあり様を示唆している。この技術は宇宙とむちゃくちゃ相性がいいわけだが、それゆえにかえってインドの火星移住プロジェクトの悲惨さは目を覆うばかり、いや、ここは笑うところだろうか。とにかくプロジェクトはうまく進んでいるのだから。もちろん試練はある。技術者魂爆発の展開は快感。
「轍の先にあるもの」は一転、老境にあるSF作家の小惑星の地表を写したたった一枚の写真に対する懐古、そして時代は変わり、彼自らがその地に赴くことになる。時代の進歩の速度とともに、ノスタルジーの形も変っていくというところが興味深いのでおじゃる。
こういった作品で、テーマがみな宇宙開発に関わるものなのは、そりゃ作者も僕らも宇宙が好きだから。ガガーリンの時代なら、大人になったら宇宙飛行士になりたいというのは、人類でたった一人しか選ばれない、文字通りの夢と言える夢とだったけど、半世紀が過ぎて、今や努力でいくらでも叶えられる現実的な目標になっている。1000人でも1万人でも宇宙は受け入れてくれる。ちょっとしたブレイクスルーで、辿り着ける距離はどんどん伸びる。そういう移り変わりのリアルを映し出している希有な作品集だ。そして観念の世界では近くても、生身の人間にとっては広大無辺な太陽系世界の最良の案内人でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

沈黙のフライバイ

紙の本沈黙のフライバイ

2008/04/21 22:54

短編もいいが長編も読みたくなる作家

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 科学が発達し、SFX(特殊撮影技術)が高度になり、CGも当たり前になった時代にもハードSFは成り立つか? その問いに答えうる数少ない作品のひとつだろう。ハードSFが成立するか否かは、作家の腕に全面的に依存する。それが、本書の教えるところだ。

 数十年前、まだ科学が明るい明日を切り開くと信じられていた時代には、SFはほかのジャンルと同様に、豊かなストーリー性を持ってさえいれば、それなりに読むに耐えた。ハードSFとはいっても、素人を煙に巻くような舞台装置を用意しさえすれば、それでよかった。

 その頃とくらべれば、現代にSFを成立させるのは困難な仕事になった。ひとつ間違えれば、三文小説に簡単に転落しかねない。宇宙を舞台にすると、それだけで子供っぽい印象を与えかねない。スペースシャトルが当然のように地上と宇宙空間を行き来する時代には、空想を許す余地が少ないのだ。

 ハードSFともなれば、なおさらだ。よほど入念にガジェットを作り込まなくては、うそっぽく見えてしまう。その意味では、ハードSF作家は、どんな科学者よりも幅広い科学的知識を要求される。なおかつ、ストーリーテラーとしての技量も。

 野尻抱介はそうした高い要求に応えることができる作家だ。この時代に、こんなSFが成り立つなんて。
 内的宇宙ではなく、本物の宇宙へのロマンを失わないでいる読者にはおすすめの作品のひとつと言えるだろう。野尻のよさが分からないと言うなら、それは自分の関心が、ひたすら自己の内面に向かっていることの証拠となる。

 夜空に星明かりを見つけては、ロマンチックな気分に浸れる人は、安心して野沢の作品を手にしていいと思われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

沈黙のフライバイ

紙の本沈黙のフライバイ

2016/02/10 10:17

2008年星雲賞受賞作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

宇宙へのあこがれが溢れた5編収録の第1短編集だ。JAXAの野田司令や東大の中須賀教授など、実在の人物をモチーフにしたキャラクターが作品の中でうまく生きていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示