サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

[CPあり]2017年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍

王女マメーリア みんなのレビュー

  • ロアルド・ダール (著), 田口俊樹 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

王女マメーリア

紙の本王女マメーリア

2006/03/24 22:32

おしゃれでシニカルな短編の妙味

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろこのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロアルド・ダールと聞くと何を思い浮かべるだろうか?
最近では映画「チョコレート工場の秘密」が空前のヒットとなって話題を呼んだ。
そう。ダールは童話作家でもある。「でもある」というのはその前に幾つもの顔があるからである。
ちょっと毒の効いたミステリー作家であり、短編物のエースであり、脚本家でもある。
映画『007は二度死ぬ』、ミュージカル『チキ・チキ・バン・バン』の脚本が実はダールのものだというのは案外知られていない。
さて、前置きが長くなった。
本書はミステリー9編が収められている短編集である。
どれを読んでも奇抜な発想と、あっと驚くオチ、しかもおしゃれな味わいがあってこくがある。
さながらビターチョコレートの味とでも言おうか、甘さの中の苦味がダール独特の「毒」を含んでいてこれが実に小気味よい短編ばかり。
オチは勿論言えないけれど、幾つかを紹介しよう。
本書の『執事』はどこぞの誰か、芸能界や巷の誰かにあてはまりそうな自称「ワイン通」と称する鼻持ちならない俗物を痛快に切ってくれて、とかく「通ぶる」人間、俗物どもには「毒」となり、読者には快哉となる一編。
ブルゴーニュのロマネ・コンテイと並ぶ世界最高の赤ワイン、あのナポレオン三世がパリ万博のために作らせたラフィトの‘45年を本書を読んで味わえるおまけがある。
一方、童話作家の顔を持つダールの真骨頂とでも言えるのが『王女と密猟者』『王女マメーリア』。
これは大人のための童話とも言える。
さて、最後に愛書家、読書家、古書マニアの読者の耳目を集めそうな一編が『古本屋』。
ロンドン、チャリング・クロス街に稀覯 ( きこう ) 本の古書店をかまえるウイリアム・バゲージ。店内の本が売れようが売れまいがきにかけないふう。実は彼は億万長者。仕入れや販売に手腕がありそうにもみえない。しかし、ある日の顧客の請求書には高価な古書がずらり。
顧客はすべて資産家ばかり。なぜか?
この先の最も面白い部分は読者がお読みください。
あっと驚くトリックと妙味にうならない人はいないでしょう。
本書はダールのおしゃれでちょっとシニカルな短編の妙味を堪能できる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

王女マメーリア

紙の本王女マメーリア

2001/11/12 16:13

その後

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:H.N - この投稿者のレビュー一覧を見る

 シンデレラは幸せに暮らしました。ここで通常の物語は終わるのですが。ダールはその後的な物語を描いています。美しさと権力を手にした女は、いったいどうなるのでしょうか? シンデレラに対する強烈な皮肉となっている、表題作を含め九編の毒にあふれた話を楽しめます。大人に向けたおとぎ話を楽しみましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

王女マメーリア

紙の本王女マメーリア

2001/07/23 12:29

微笑を誘う物語たち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ユーモアと残酷さが魅力のロアルド・ダールだが、この本に収められた9つの短篇はそれほど毒が強くない。むしろ後味爽やかな感動作の方が多いくらいである。ミステリーと言うよりミラン・クンデラ的な短篇集という感じなので、ハヤカワ文庫に入っているのがちょっと面白い。

 なにしろ最初の「ヒッチハイカー」から手を叩いて小躍りしたくなるほど痛快だし、「アンブレラ・マン」「“復讐するは我にあり”会社」「古本屋」などは実際にこの手で一儲けしようと思えばできないことはないようなビジネスアイディアを提供してくれているのである。
 そして、クラシックの交響曲を聴きながら思わず指揮者然として手を動かしてしまったことのある人なら共感せずにはいられない「ボティボル氏」は、読後にベートーヴェンのピアノ曲「皇帝」を聴きたくなることうけあいだ。
 最後の2篇は少し教訓くさいが、やはりロアルド・ダール、グリム童話とはひと味違うのであった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示