サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

プレイヤー・ピアノ みんなのレビュー

  • カート・ヴォネガット・ジュニア (著), 浅倉久志 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

プレイヤー・ピアノ 新装版

紙の本プレイヤー・ピアノ 新装版

2007/12/14 08:45

日本政府もシャーほどの知恵があればねぇ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

プレーヤー・ピアノ
著者:カート・ヴォネガット
訳者:浅倉久志

日本政府もシャーほどの知恵があればねぇ。

この本の舞台は、ニューヨーク州イリノイ。
『ガラパゴスの箱舟』のメアリーさんが住んでいた所はニューヨーク州イリアムです。彼女の夫は、ゼンジの勤めていた会社、マツモトが工場を機械化したためにリストラされ失業。同様に、子どものいる町の住人がほとんど転出したために、教師のメアリーも失業しました。
「すべての生産手段が完璧に自動化され、すべての人間の運命がパンチ・カードによって決定される世界」とこの本の裏表紙に紹介されていますが、それは“嘘”。だって、血筋が重要視され、パンチ・カードの記入も間違いがあり、さらに、人格の記入もあるというのに、おおもとの資料、大学卒業時のグラフにその後の変更が効かないというのですもの。
つまり、コンピューターを操作しているのは、人間、一部の支配層であるってこと。
主役はポールかな?冒頭に猫が出てくる。掃除機に吸い込まれ、吐き出され、逃げようとして高圧線に触れて死んでしまった猫。機械をかじる鼠を退治させようと考えていたポール。ポールの悩みについては、本をお読み下さい。
ここでは、某国の国王、シャーの言葉を紹介したいと思います。これが面白いんだなぁ。
まず、案内にたったアメリカの国務省のお役人ハリヤードが自称「ドジ終点部隊」(道路住宅補修点検部隊)員につばを吐きかきられた場面で、
「シャーは」とハシュドラールがいった。「わたしたちがニューヨーク市からここへくるあいだにいつも見たこれらの奴隷、どなたの持ち物ですか、それが知りたいとの仰せです」
「奴隷じゃありません」バリヤードは寛大にほほえみながらいった。「あれは市民です。政府に雇われているんです。彼らはほかの市民とおなじ権利を持っています―言論の自由、信教の自由、それに投票権。戦前まで、彼らはイリアム製作所につとめて機械を動かしていましたが、いまでは機械が人間よりもっとうまく、自分で自分を動かすようになったのです」
「あはあ!」バンュドラールが通訳しおわるのを待って、シャーがいった。
「あはあ!」
「そして、機械よりもいい仕事ができないため自立していけない人間は、政府に雇われて、隊か、でなければ道路住宅補修点検部隊にはいるのです」
「あはあ! ハブー・ボナンザ=パック?」
「え?」
「シャーの仰せられますには、『彼らに払う金はどこから出ますか?』」ハシュドラールがいった。
「ああ。それは機械にかかった税金と個人の所得税から出るのです。そして、軍隊と道路住宅補修点検部隊の人びとは、よりよい生活のためにより多くの製品を買い、その金をふたたび経済システムの中へもどすことになります」
「あはあ!」
・・・・
「クッポ!」 シャーは悲しげに首を横に振った。
 ハシュドラールは顔を赤らめ、それからおずおずと、すまなさそうにいった。「シャーの仰せられますには、『共産主義です』」
「クッポない!」
「・・・人間的過失を機械で除去し、不必要な競争を組織化で防止するーこの方法によって、われわれは平均的人間の生活水準を大幅に向上させました」・・・
「あはあ」シャーはうなずいた。タカル」
「タカル」ハシュドラールが答えた。「奴隷です」
「タカルない」ハリヤードはシャーに向かって直接にいった。「し・み・ん」
「ああー。し・み・ん」そういうと、シャーはうれしそうにニヤリと笑った。「タカルー市民。―市民―タカル」
EPICAC14号 最新式コンピューターの説明を聞いて
「地球から月まで4回も届くほどの電線がおさめられています」
「シャーの仰せられますには」と、ハシュドラールがいった。「我が国の人民は利口な女と寝て、良い脳を安くこしらえます。ですから、月まで千回も届くほどの電線が倹約できます」
大統領の演説に「偉大な賢人」と聞いて、EPICACに解ければこの世から悲しみがなくなるという謎を問うが、答えはなかった。「パクー!」
「パクー」とは、スラシ族のつくる小さいドロと藁の人形。「ニセモノの神」という意味で言ったのだろう。スラシ族は、コレラにかかって全滅。
平均的アメリカ人の家庭を訪問したシャー。帰り際に陽気に叫び手を振った。「ブラフーナ!」「ブラフーナ、タカル」(生きよ!)
亡くなった友人の妻との浮気に悩むその平均的アメリカ人は、その後、家を破壊し、逃走する
「あなた方にはまったく費用の負担をかけずに」と、ハリヤードはつづけた。「アメリカはあらゆる分野の熟練した技術者と管理者を送りこみ、あなた方のお国の資源を調査し、近代化の青写真を描き、それを発足させ、国民のテストと分類をおこない、借款を準備し、機械を据えつけるでしょう」
シャーはふしぎそうにかぶりを振ってから、ようやく口をひらいた。「ブラッカ=フート・タッキー・シーン。スーリ、サッキ・EPICAC、シキ・カヌー・プー?」
「シャーの仰せられますには」とハシュドラール。「『われわれがその第一歩を踏みだす前に、どうかEPICACに聞いてくださいませんか――人はなんのためにあるのか、と』」
日本政府もシャーほどの知恵があればねぇ。
ポールも参加したメドウズの祭典?は、まったくばかばかしい限り、まるで新興宗教の刷り込みのための道場のようだよ。アメリカって、遅れてるぅ!!
幽霊シャツ党の首脳たちが、こんなことを言っていた。
  「テレビを見るかわりに本を読もう」
この本も、ヴォネガットさんの皮肉がいっぱいで面白い。是非ご一読を!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示