サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

電子書籍

老ヴォールの惑星 みんなのレビュー

  • 小川一水 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

老ヴォールの惑星

紙の本老ヴォールの惑星

2005/08/22 22:00

傑作

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

中篇4作が入った一冊だが、どれも傑作と呼べる出来
作者の小川一水氏は最近力をつけて来ている注目のSF作家だが、大作を狙いすぎて粗筋のように大きく端折ってしまっている感があり、「いま一歩」と思っていたのだがこの一冊で大きくイメージが変わった
最近多く出回っているキャラクター物とは一線を画す、本当に「良いSF」である

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

老ヴォールの惑星

紙の本老ヴォールの惑星

2007/03/26 15:57

丁寧な、いい仕事です。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 SFやファンタジーは自由に世界を設定できるだけに、どれだけ無理なく、しっかりと世界を創ってあるか、が作品の大事な要素である。著者の作品はこれが初めてなのだが、この一冊におさめられた作品はどれも、その設定の基礎が丁寧に良くできている、よみごたえのあるSFとして満足感を与えてくれた。
 表題作品の「老ヴォールの惑星」に登場する異星の生き物はなかなか想像するのが難しい。表紙カバーのイラストに随分イメージを助けられたが、独創的な生き物である。
 理想を目指す若さが先走るようなところもある「ギャルナフカの迷宮」。作者は1975年生まれということであるからまだ30代。それを考えれば「若さのさわやかさ」にも感じられる。
 おさめられた4作品のなかでは「漂った男」が一番楽しめた。人はなにを頼りに生き続けるか?そんな問題をからっとした調子で書いていく。軽いタッチだがじんわりとした味わいもある。孤独になった主人公がちょっと狂いかける場面などは真に迫るし、引き離された男女の心の複雑な動き、男同士の心の繫がりもいい描かれ方をしている。
 著者の既著を調べてみたら、派手な表紙の「若・少年少女」向けのものが多いようであるが、この一冊は広い年代層が満足できるものといえるだろう。今は若い味のさわやかさがまず感じられるけれども、今後さらに熟してくると違う味もしますよ、という期待を感じる。中年を過ぎたら渋い味を出してくれそう、と。いい仕事、期待してます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

老ヴォールの惑星

紙の本老ヴォールの惑星

2017/01/12 10:30

2006年星雲賞受賞

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

「漂った男」では、惑星全体が栄養で満たされた海を遭難する奇妙な世界だ。監獄よりも埋蟄よりも深い孤独を表現できるのは、著者が人の心を信じているからなのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

老ヴォールの惑星

紙の本老ヴォールの惑星

2012/01/18 00:53

弛緩したようで鋭い感性

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

「漂った男」がいい。全表面が海である惑星に不時着した男。生存に支障は無いが救難は来ない。一人延々と海面を漂流することになる、ただそれだけの物語なのに迫力がある。超空間通信おかげで文明世界との交信は保たれるが、電波のように発信源が探知できないという設定が秀逸だし、宇宙の果てで人間一人を探索するコストを維持できないという事情も悲しい。そして漂流する時間の長さが、彼の精神が幾度にも渡って変容していくことによって表現されていて、じわじわと怖さが拡大しつつ、臨場感が伝わって来る。
未来版ロビンソン・クルーソーとも言える話だが、いくらかのオーバーテクノロジーを加えることで人間の肉体に限定したミクロな世界を生み出し、主人公は一層の孤独さを増し、精神的な苦痛にフォーカスが当ることになった。その小さな世界を通してうっすらと、文明の見通しも宇宙戦争も現実味を与えられるところが、ゼロ年代的なところなのかもしれない。
そしてこうしたゆったりした時間の流れが、この作品集の特徴だろうか。
全体主義が微温的に浸透し始めている社会で、思想犯が放り込まれる「ギャルナフカの迷宮」も、全体像が見えない迷宮の中で生き延び、そして脱出を目指す経過は、勇気と冒険よりは、静かな思索によって少しずつ行動様式が進化し、その果てに目指す結末が置かれている。考えて行動する、ではなく、考えて生活し時間が経つという、日本の現状を揶揄したようでもあるこの世界の中での動きに独特なものを感じる。
「老ヴォールの惑星」は一転して、地球型とはまったく異なる生命体の世界。無機的な分子の結合によって生まれた彼らだが、知識の伝承という形で、生物らしさがかろうじて我々にも認識される。そこでも老ヴォールと呼ばれるある生命体の意識が、幾世代の中で伝えられて、遂に彼らは宇宙を目指すことになる。ヴォール自身は何も大活躍するわけでなく、ただ世代が移り変わる中で彼の記憶だけが受け継がれてゆく。奇妙な話というだけに終わりそうな設定でありながら、記憶が彼方へとなるスケール感で語ることで、その思いが人類にも共感できる形に育っていく。
「幸せになる箱庭」異星人がもたらす、グレッグ・イーガンばりの超テクノロジーの生み出す世界を描くのだが、人類や宇宙の行く末を正面切って語るのではなく、登場人物達の生き方の向こう側に見えて来る。これから語られるべき長い時間を予感させながらと言えば、予断が過ぎるかもしれないが。
どれも決してスーパーヒーローが登場するわけではなく、様々な痛みやしがらみを抱えた人間(生命)が、一歩一歩進んでいく。現代においてブラックボックスならぬクラウド(雲)にも例えられる奔流のように進歩していくテクノロジーの得体の知れなさに、抵抗するでも溺れるのでもなく、生身の人間として適応していこうとする姿勢が、この「ゆるさ」に似た、しかし力強い未来の物語から感じられないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示