サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

小学館BOOK全品ポイント最大60倍(~9/28)

電子書籍

天涯の砦 みんなのレビュー

  • 小川一水 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

天涯の砦

紙の本天涯の砦

2009/09/09 22:45

宇宙を舞台にしたパニックものの傑作

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Skywriter - この投稿者のレビュー一覧を見る

 地表から800キロ上空を巡る軌道複合体”望天”で大規模な事故が発生した。回転により重力を生み出す、その回転軸で爆発が起こり、宇宙線との連絡部を含む第四セクターが接岸中(?)の月往還船”わかたけ”もろとも吹き飛ばされたのである。

 事故から生き残ったのは、ほんの一握り。しかも、宇宙船の操作が可能だったり、緊急事態に適切な対応を取るべく訓練された人物なりというのが一人も生き残っていない。彼らが生き残ったのは、たまたま爆発の中心から離れた位置に居たことや、たまたま隔壁が壊れなかったおかげで真空に晒されずに済んだことなど幾重の偶然が重なって難を逃れた、という人ばかり。

 しかし、彼らの運命も風全の灯火と思われた。容赦ない地球の重力が、この巨大な複合体を地表に引き摺り下ろそうとしていたのだ・・・・・・。果たして、彼らは生き残ることができるのか。

 宇宙空間を舞台にしたパニックもので、次々に襲いかかる脅威をどう回避するか、ページを繰る手が止まらなくなる。事故の背景や、次々に起こる脅威のについて、不自然さを感じさせないのが凄い。

 加えて、なんといっても科学考証がしっかりしているのが素晴らしい。宇宙空間で人間が生き延びるということは、それだけで膨大な科学技術の蓄積が要求される。そこを舞台にしているのだから、科学考証の深さはそれだけ世界観の堅固さにつながるのだ。

 登場人物についての掘り下げも同様に深みが感じられる。いつしか物語に没頭し、世界に入り込んでいる自分が居た。SFが好きな方は是非手に取ってみて欲しい。


評者のブログはこちら

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示