サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

東洋経済新報社全品ポイント50倍(相乗り施策)(~11/23)

電子書籍

天獄と地国 みんなのレビュー

  • 小林泰三 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

天獄と地国

紙の本天獄と地国

2012/02/13 19:38

内容の割に文章が大人すぎるかな、って思いはします。だって、結局はガンダムでしょ? いや、アニメに詳しくない人間がガンダムなんていうと違うって怒られそうだけど、イメージ的にはガンダム+エイリアン? なんか違うような気もするけど・・・

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初に書いちゃいますけど、これってガンダムだよな。って、実は私、ガンダム、まともに見たことありません。娘たちはよく見てましたけど、私はだめ。で、何がガンダムか、っていえば怪獣の中に入って、それを操り、同類をぶち壊して行くところ。怪獣と機械じゃ違うだろ、って言われればそうで、別にパトレイバーでもマクロスでもいいんです。でも『獣の奏者』じゃあ絶対にない。

いやね、獣を操るっていう意味では、『獣の奏者』でも『ネヴァー・エンディング・ストーリー』でもいいんです。問題は操縦法。つまりです、操るものの外にいる、っていうスタイルじゃあダメなんです。体の中に入って、一体化する、そこがキモ。そういう意味じゃ、エイリアンが一番近いんでしょうけど、あれは逆ね。だって、あいつら人間の中に入っちゃうんだから。あれに人間が入って動かす、っていうなら正しい。

ま、地中に埋もれた怪獣を掘り起こす、そして侵入する、というあたりも加味すれば、エイリアン、結構近いんです。いやはや、書き出したときはこんな結論になるとは思わなかったけど、そうかツヌガアラシトは人間で、カムロギがエイリアン、って考えればいいんだ。って、なわけ、ないでしょうが。

で、こういう怪獣を操る、っていう話になると、どうしても話がアニメっていうかSFになってしまう。いや、もとからSFではあるんですが、でも新しいっていう雰囲気はないです。リーダー・カムロギていうのが、もう日本人でしょ。そのカムロギが一体化する地中で見つけた四体目の邪神というのがアマツカミボシ。連合国家アッバースの司令官がツヌガアラシト、なんで日本人なんだよ、って思います。

登場人物の名前って結構重要なんですが、四人組でいえば、カリティはいいとしても娘の名前がエレクトラとか、他の二人、ナタとヨシュアはないだろう、って思うんです。三体の邪神のうちカルラを所有するウインナー村の長老がザビタン。村ですか? ウインナー村? 邪神ワイバーンを所有するンバンバ村の村長がエゼキエル。ンバンバ村の村長ですか? 邪神エクトプラズムを所有する第四帝国の皇帝がチョゴノウ。エクトプラズム? おまけにシャヘラザードに操られる邪神がレギオン・・・。

いやあもう、全身全霊で過去の寄せ集めです。ま、小林にそれがわかっていないはずはない。となると、彼が描きたかったのはそういう古臭い世界なんだろう、っていうことになります。でも、結果的にアニメや特撮映画を超えることはなかったな、という感じ。本のスタイルを全く変えて、少年少女向けファンタジーにしたほうが、意味があったんじゃないか、そんな気がします。

え、内容紹介になってない? たしかにそうでした。雰囲気的には小松左京やダン・シモンズの傑作、それと映画のエイリアン、それにガンダムを混ぜて、ファンタジー味を付けたようなものでしょうか。登場人物では、娘エレクトラが住んでいるかもしれない伝説の地国に行こうとしているタフな女性カリティと、冷静さと情熱をあわせもつ、小説中もっとも優れた人間、連合国家アッバースの司令官ツヌガアラシトがいいかな。

カバー後ろの内容紹介は
       *
頭上に地面、足下に星空が広がる
世界。人々は僅かな資源を分け合
い村に暮らしていた。村に住めな
い者たちは「空賊」となり村々か
ら資源を掠め取るか、空賊の取り
こぼしを目当てに彷徨う「落穂拾
い」になるしかない。世界の果て
にもっと人間の暮らしやすい別天
地があると確信した、落穂拾い四
人組のリーダー・カムロギは、多
くの敵と生き残りを賭けた戦いを
繰り返し、楽園をめざす旅を続け
る――。傑作短篇の長篇化完全版
       *
となっています。

目次は

1 巨神覚醒
2 神々の闘争
3 アルゴスの目
 あとがき

で、Cover Illustration=星野之宣 。上手いか下手かはわかりませんが、全体の色合いがいいので、存在感があります。ここらは、Cover Design=岩郷重力+WONDER WORKZ。のセンスでしょうか。でも、割り切ってファンタジックにするという手もあった、とは思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示