サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

修正:全商品20%OFFクーポン(1123-26)

電子書籍

暗殺者の鎮魂 みんなのレビュー

  • マーク・グリーニー (著), 伏見威蕃 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

暗殺者の鎮魂

紙の本暗殺者の鎮魂

2016/12/11 10:24

身を隠して転々としていたグレイマンが発見され、刺客が送り込まれての激戦からスタート。この作家、巧いの一言。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作家、巧いの一言。
 身を隠して転々としていたグレイマンが発見され、刺客が送り込まれての激戦からスタート。再び逃げるグレイマンは、昔生死をかけた戦いで助け合った仲のエデュアルド・ガンボア(エディー・ギャンブル;メキシコ連邦警察特殊作戦群(GOPES)少佐)が死んだことを知りつい葬式に参列したことから、途轍もない事件に巻き込まれてしまう。まずは導入が実に巧みなのである。しかも、この事件たるや、メキシコの麻薬密輸団を撲滅しようとしたギャンブル少佐に絡むものであり、その実態は麻薬密輸団同士の抗争にあるようなのだが、様々な勢力が絡む中で複雑な様相を呈してしまったらしい。
 結局、メキシコNo.2の麻薬密輸団(ボス;ダニエル・デ・ラ・ロチャ)に狙われることになってしまったガンボア少佐の親族たちを守るため、麻薬密輸団郎党はもとより、それに支配された警察・軍隊、更には国家権力中枢部まで、つまりは国家全体を敵に回した戦いに巻き込まれることになる。何とも、心優しき正義漢ならではの展開である。その後の展開も凄いし早い。追悼集会という公開の場での大銃撃戦でテレビにまで映されてしまい、文字通り全世界から追撃される立場に立たされてしまう。しかも、非力なガンボア少佐の生き残り親族を連れての逃避行である。取り敢えず逃げ込んだガンボア家ゆかりの農場も追っ手60名ほどに取り囲まれ絶体絶命に陥るが、ここでの攻防戦、脱出行も凄い。
 さて、いよいよ農場脱出後の逃避行で後半突入である。ガンボア一家をアメリカに逃がすことを考え、アメリカ大使館職員にパスポート偽造を依頼するが、これが間違いで邪な職員の裏切りであっさりとダニエルに拉致され、ガンボア少佐の妻・エレナの所在を吐かせるため徹底的に拷問されてしまう。正に絶体絶命である。孤立無援のグレイマンに何処から救いの手がくるのか、あるいはとんでもない奇策で自力脱出するのかとハラハラしていると、今回ばかりは救いの手登場である。救いの手とはいえ、CIAからグレイマンであることを確認するために送り込まれた人間で、以前グレイマンのハンドラーの更に上司で、グレイマンの処理の不手際のため閑職に左遷された恨みを抱えた人間である。この辺が、心優しき正義漢は敵しかいないが、彼の正当性を知る敵にとってはある意味では憎めない憎むべき敵ということになる。このCIA上司も正にその一人であり、麻薬密輸団ごときに殺させてたまるかとばかり彼を救出するのである。ヨレヨレになって救い出されたグレイマンはGOPESの唯一の生存者の助けを借りてガンボア一家をアメリカに逃がすことに成功。ただ、ガンボア少佐の娘:ラウラ(ロリータ)・ガンボアが未だにダニエルに捕まっているため、ラウラを取り返すための全面戦争となる。
 ここでグレイマンは、メキシコNo.1の麻薬カルテル;マドリガルと取引するに成功。資金・物資の支援を受けてダニエルの組織に大打撃を与え、内部の人間関係にも揺さぶりをかける。あとは神出鬼没の一匹狼・グレイマンの独壇場である。目的のためには手段を選ばない冷徹無比さでダニエルを追い詰めていく。結局、ダニエルを抹殺し、その右腕であるネストル・カルボの命を助ける見返りに今後一切ガンボア一家を追わないことを確約させて一件落着。しかし、そのための策略の一環としてメキシコNo.1の麻薬カルテルのマドリガルを騙す結果となったため、また敵を増やすことになってしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暗殺者の鎮魂

紙の本暗殺者の鎮魂

2015/08/26 13:41

大ファンです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ツンドク - この投稿者のレビュー一覧を見る

「暗殺者グレイマン」シリーズの第3作。第1作、第2作の流れを受けながらまた新たな舞台装置でグレイマンの活躍振りに今回も二重丸です。アクションシーンの緊迫感もさることながら、クールでありながら人間的な主人公の造形がいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示