サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

修正:全商品20%OFFクーポン(1020-22)

電子書籍

本命 みんなのレビュー

  • ディック・フランシス (著), 菊池光 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

本命

紙の本本命

2001/11/04 20:44

競馬シリーズ最初の作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:APRICOT - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ディック・フランシスの競馬シリーズのいちばん最初の作品(1962年)で、私が2番目に好きな作品。最も好きなのは第2作の「度胸」(1964年)だが、差はほとんどないと言ってよい。
 レースで本命馬が転倒し、騎手のビルが死亡する。だが、ビルの親友で、やはり騎手のアランには、事故ではないとわかっていた。馬を転倒させるため針金が張られていたのを、はっきりと見たのである。だが誰にも本気にしてもらえず、アランは孤独な捜査を開始する…。
 見せ場の多い、起伏に富んだストーリー。まず、手詰まりに陥っていた主人公が、思わぬ敵失で手がかりをつかむ序盤の展開が、独特でおもしろい。中盤では、主人公も仕組まれた落馬事故に会うが、事故後の主人公の反応に、もと騎手のフランシスならではの実感がこめられていて興味深い。
 そして最高なのはクライマックス、死んだビルの愛馬アドミラルが大活躍する、予想外の一大スペクタクル・シーン。本シリーズ全体でも白眉の名場面である。お薦め。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示