サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

コミックセット30%OFFクーポン 帯バナー&メール用看板作成(~9/24)

電子書籍

飛越 みんなのレビュー

  • ディック・フランシス (著), 菊池光 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

飛越

紙の本飛越

2001/11/23 23:05

貴族はつらいよ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:APRICOT - この投稿者のレビュー一覧を見る

 競馬シリーズの1966年の第5作。
 主人公は伯爵の若い一人息子で、父親が死んだら自動的に伯爵になる定め。彼は、自分が“伯爵”というレッテルのみで評価され、自分という人間そのものを見てもらえない事を極度に嫌がっている。だが、レッテルを貼られたくないという以外に、自分が本当に何をやりたいのかはまだわかっておらず、アマチュア騎手やパイロット、馬の空輸会社への就職と、さまざまな道を模索している。
 私には、主人公が逆の意味で“伯爵”のレッテルにこだわり、必要以上に肩ひじを張っているように思える。だが、自分の希望や能力とは関係なく、生まれながらに何らかの宿命が定められていたら、それを気にしないのは無理だろう。普通の庶民に生まれて良かった、とつくづく思う。
 主人公の人生の悩みが大半を占めるため、ミステリーとしての本筋はテンポが遅く、なかなか本題に入らない感がある。だが、サスペンスがじわじわと盛り上がる中後半の展開は、地味だが悪くない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示