サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電子書籍

第三の嘘 みんなのレビュー

  • アゴタ・クリストフ, 堀茂樹
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

第三の噓

紙の本第三の噓

2002/05/09 19:18

ほんとか嘘かなんてどうでもいいことだ

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りさこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『悪童日記』『ふたりの証拠』に続く三部作の完結編となる。
正直言って『第三の嘘』を読み終えたときにほっとした。
これ以上つらい物語が続くのは心苦しかったからだ。
それほどに嘘と真実の狭間で傷ついた人々の苦悩は深かったのである。
何が嘘で、何が真実であったかどうかは最後はどうでもよくなる。どこを取っても日本人の私には感情移入できない物語だったけれど、人々が生きた証、作者が表現しようとした世界は太い流れとして充分に伝わってきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第三の噓

紙の本第三の噓

2003/06/17 23:36

真実と現実が渾然一体となってゆく

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

「私は今、子供の頃の思い出の小さな町で、投獄されている」。
こんなショッキングな一文で始まる「悪童日記」「ふたりの証拠」に続く、シリーズ第三作。
 「ぼく」は自分の半生を語っていく。彼の綴る現実と、今まで語られてきた物語は、微妙に交差し、相反し、まじりあいつつも食い違っていく。いや、そもそも彼の言葉を、事実と断じて良いものだろうか? クラウスとリュカのどちらが実在し、どちらが想像の産物なのか? 彼らのひとりは孤独が生み出したインナーチャイルドなのか? それとも…? 双子の兄弟とは、何だったのかが明らかにされる過程に釘付けとなる。
 くつがえされ、塗り替えられる記憶。その刺激にくるくると振り回されるうち、いつしかそれが深い愉悦に変わる1冊である。前2作ほどのインパクトには欠けるが、余韻を残す力強い物語であることは間違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示