サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

コミックセット30%OFFクーポン 帯バナー&メール用看板作成(~9/24)

電子書籍

失われた黄金都市 みんなのレビュー

  • マイクル・クライトン, 平井イサク
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

失われた黄金都市

失われた黄金都市

2001/08/20 19:37

秘境探検

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アフリカの奥地へ探検という、古典的なネタを最新の情報小説としてリニューアル。工業用ダイアモンド、手話をあやつる猿など、魅力的な道具立てで、最後まで飽かさない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

失われた黄金都市

失われた黄金都市

2002/12/05 08:32

クライトン、アフリカのジャングルに舞台にダイヤモンドの争奪戦を描く

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アフリカは広大な砂漠とジャングルが交錯する大陸である。ジャングルの方はコンゴを中心とした山岳地帯で、そこを流れる川はワイルドであるし、文明に慣れきった人々にとってはきわめて魅力のある地である。
 コンゴの西側は首都のキンシャサ(旧レオポルトビル)があるが、突如として眠っていたエボラ出血熱などの強烈な伝染病が発生したりもする。ザイール川の流れはコンゴ盆地を北西に延びて大きくカーブし、東側のキサンガニ(旧スタンレービル)に達する。その南東には山地があるが、中には噴煙を上げている火山まである。
 火山の麓にルワンダと国境を接するゴマがある。ゴマにルワンダの内戦で難民キャンプが出現して話題を撒いたのはつい最近のことである。
 クライトンの著した本冒険小説の舞台、コンゴはこのようなところである。原題はそのものズバリの「コンゴ」である。本作品は映画化されて、テレビの空中波でも放映された。しかし、映画の方は知らないうちに上映され、知らないうちに消えてしまった。映画も見たが、小説に忠実に作られていた。なぜ、この映画の人気が出なかったのかはよく理解できない。少なくとも小説は未知の大陸の中でもアフリカのコンゴ(旧ザイール)の奥地のジャングルが舞台になっているだけに、昔の少年ケニアや狼少年ケンなどの冒険小説や漫画を彷彿とさせる作品として楽しめるのである。
 この地は火山あり、絶滅を危惧されるマウンテン・ゴリラあり、山間の激流ありで話題にも事欠かない。米国のERTSという資源調査会社の第1次調査団が謎の遭難を遂げ、それを第2次調査団が追う。この調査団はダイヤモンドの資源調査がミッションであった。この間の通信を日欧企業連合が盗聴し、先回りして第2次調査団を出し抜こうとする。
 ERTSは第2次調査団をカモフラージュするために、手話ができるゴリラのエイミーとその責任者エリオットを同行させる。人間とのコミュニケーションができるゴリラを登場させるのもなかなか面白いアイデアである。
 圧巻は第2次調査団が目的地である黄金都市「ジンジ」に到着するために、パラシュートでジャングルに降り立ってからジンジへ至る道程は、なかなか読ませる。
 大人しそうに見えるカバが意外に手強かったり、エイミーが突然行方不明になるが、野生のマウンテン・ゴリラの集団に入り生活したり、記述にも迫力がある。この記述の中にも霊長類の生態について詳しく書かれているのも興味深い。
 古代都市ジンジに到着した調査団は、この鉱山都市を守るゴリラに守られていた。正確にはゴリラではなく、ゴリラとは別の新種の霊長類であった。深夜に調査団のキャンプを襲撃してくる新種のゴリラ。謎の遭難を遂げた第1次調査団は、この都市を守護する新種のゴリラの襲撃を受けて遭難したことが判明した。
 都市跡に遺された壁画などからジンジは黄金都市ではなく、ダイヤモンドの鉱山都市であった。新種ゴリラの攻撃を受けて全滅しそうになった第2次調査団ではあったが、エリオットが苦心して作った新種ゴリラの言語をスピーカーで流すことによって、新種ゴリラは何処へともなく姿を消す。
 ようやく一難去って、ダイヤモンドを探していると、鉱山跡からダイヤモンドがごろごろと出現する。ところがもう一難があった。火山の噴火であった。揺れる大地、火を噴く火山。溶岩によって古代都市ジンジとダイヤモンドは地底に没してしまう。
 主人公たちは、土着の人食い人種と言われているキガニ族からもようやく難を逃れるのである。
 何とも痛快なドラマであった。アフリカのジャングルを舞台にした小説はあまり見当たらないが、このジャングルの下にはおそらくまだ多くの貴重な鉱物が眠っていることであろう。衛星通信を利用するなど、クライトンならではの虚実突き混ぜた娯楽作品であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示