サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

12/1 100万ポイント山分け!必ずもらえるキャンペーン(~1/8)

電子書籍

出走 みんなのレビュー

  • ディック・フランシス, 菊池 光
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

出走

紙の本出走

2009/12/05 13:21

小悪党列伝

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風紋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリーは、探偵(役)が悪党の鼻をあかし、正義が勝利して終わらなければならない。さもないと、読者、善良なる市民の安寧秩序が乱される。
 ミステリーの探偵(役)の魅力は、悪党が悪辣であるほど、引き立つ。ゲームにおいて、勝利の美酒は、ライバルが強力であるほどうまいものだ。

 フランシスの競馬シリーズは、ミステリーである。よって、最後には探偵役の主人公が勝利する。その作品には、悪辣きわまる悪党が登場する。よって・・・・という論法が成り立つかどうかは別として、とにかくフランシスの長編の主人公は、いずれもたいへん魅力がある。

 ところで、お針子に針供養があり、動物実験を行う科学者にネズミ供養がある。
 ミステリーにも悪党供養があってよい。
 じじつ、ディック・フランシスは悪党供養をおこなった。それが本書である。全13編、殺し屋も顔をだすが、もっぱら金に支配された小悪党を主人公とする列伝である。ここでは、悪は常に最後には滅びるわけでは必ずしも、ない。悪党の影で別の悪党が笑い、そのまた背後で別の悪党が笑う、という構図もある。

 たとえば、「キングダム・ヒル競馬場の略奪」。
 出走馬がゲートに引き入れられた時、支配人のオフィスに電話が入った。スタンドのどこかに爆弾をしかけた、という。喫驚した支配人、すぐさま拡声器で放送すると、大観衆は我を先にと逃げ出した。詐欺師トリックシイ・ウィルコックス、34歳、一匹狼、あまり利口でない男、はほくそ笑み、無人のスタンドを見まわる職員の態をよそおって、金を奪う。だが、紳士然と整えたみなりは画竜点睛を欠き、警官から不審のまなざしを投げかけられた・・・・。

 本書は、構成を決めるエピソードからして遊び心に満ちている。短編の題名が記された低粘着性ラベルをシャンペン・クーラーにいれてかき混ぜ、著者、彼の妻と息子、著作権代理人の4人が拾い出した順に作品を配列することにしたのだ。そして、最後にシャンペンでくじに乾杯。「当然の帰結であるはずだ」。
 当然・・・・酒とつまみをかたわらに「13頭立てのレース」(本書の原題)を見物するのが、読者の礼儀だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示