サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

 【ポイント】経済ビジネスジャンル全品ポイント最大50倍施策(~10/26)

電子書籍

北人伝説 みんなのレビュー

  • マイクル・クライトン, 乾 信一郎
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

北人伝説

北人伝説

2005/10/18 13:36

北人伝説/イスラムから見たバイキング

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tujigiri - この投稿者のレビュー一覧を見る

「アンドロメダ病原体」や「ジュラシックパーク」でおなじみのマイクル・クライトンの伝奇ロマン小説。
実在したアッバース朝の文官イブン・ファドランの手記「イブン・ファドランの旅行報告書」をもとに、北欧の海洋民族バイキング文化とのエンカウンターを描いた作品です。
10世紀という時代、中東を中心に北アフリカから中央アジアまで進出していたイスラム帝国は西半球をリードする一大文化発信地であり、当時のイスラムはすぐれて科学的な思考様式をもつ先進的な人々でした。その後3世紀にわたって断続的に派遣された十字軍による侵略を契機として、しだいに西洋史の文化的中心地の座から脱落していくのですが、本書で取り上げられている時代はアッバース朝の最盛期から1世紀ほどあととはいえ、まだまだイスラム世界が世界史的に重要な地位を占めていました。
たいして北欧は後進的なヨーロッパのなかでもさらにおくれた未開の蛮地とされており、バグダッドからブルガール王国へ送られた外交官イブン・ファドランがひょんなことから北欧バイキングの一部族に帯同させられ、彼らの領域をおびやかす謎の人食い族ヴェンデルとの死闘を体験することとなった顛末を語ったのが本書「北人伝説」というわけです。
虚実をたくみに交えたこの小説ではどこまでが史実にもとづき、どこからが作者の創作なのかをはっきりさせてはいないのですが、北欧の起伏に富んだ情景や独特の風習を当時のコスモポリタンたるイブン・ファドランの目を借りて織り成した記述は実に細やかかつドラマチックな描写に満ちており、読み手の意識は歴史語りの検証からいつしか著者の幻想的な筆運びに引き込まれていきます。
戦闘民族バイキングのきわめて即物的なものの考え方をはじめは奇異に感じながらも懸命に理解しようとし、また行動によって信頼を勝ち取っていくイブン・ファドランと、カリスマ的頭領ブリウィフに率いられた武骨なバイキング戦士たちの交流はとてもおもしろく、やがて彼らが強い友情で結び付けられていくようすは見事というほかなく、さすがにベストセラーを多数生み出したマイクル・クライトンだけあって、胸がわくわくする冒険小説に仕上げられています。まあ、バイキングが少しプリミティブに書かれすぎてはいるのですが。
さらには追記というかたちでもって、歴史的にはスラブ民族とされているヴェンデルの正体をネアンデルタール人に求めるあたりはいかにも作家らしい演出ではありますが、このあたり仮に現代の学者とその一党を登場させておいて、本編と同時進行で彼らが歴史資料を総合してあらたな仮説を立てるといったような、過去時制と現代時制との二重構造小説に構成していたとしたら、もう一段おもしろい小説になっていたかもしれません。
とはいえ、これは作者の意図と明白に異なっているようなので、いささか残念ではありますが加筆なり改題なりはあきらめざるをえないでしょう。
もっとも現状でもじゅうぶんにおもしろい小説なので、バイキングや西洋中世史に興味がある人だけでなく、トールキンの「指輪物語」や漫画「ベルセルク」のような幻想奇譚がお好きな人にも一読をお薦めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

北人伝説

北人伝説

2001/08/20 19:40

しっくりこない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ハイテクを得意とする作者が、バイキング伝説に挑んだ異色作。冒険小説を得意としているとはいえ、あまり魅力を発揮できる題材ではなかったようで、読後の印象がとても薄い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示