サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:20%OFFクーポン(0219-21)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン

電子書籍

アメリカン・スナイパー みんなのレビュー

  • クリス・カイル, ジム・デフェリス, スコット・マキューエン, 田口俊樹・他
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

アメリカン・スナイパー

紙の本アメリカン・スナイパー

2016/05/30 11:24

悲しい現実

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:デンジャーメロン - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画を観てから、読みました。双方とも壮絶。クリス・カイルがいかに悲しい人物であったかを痛感させられます。
「戦場の英雄も、帰ってみたら只にデブ、以下」
この悲しい現実も感じてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アメリカン・スナイパー

紙の本アメリカン・スナイパー

2015/08/20 22:27

映画を見た人は驚くと思う。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者であり、映画「アメリカン・スナイパー」の主人公である。クリス・カイルは、アメリカ海軍NAVYSEALSの狙撃手であった。
 その彼の自叙伝が映画公開と合わせて、改題の上で文庫化された。
 同名の映画をみた人は驚くだろう。彼はものすごく淡々と起こったことを描写している。また、「この成果は私一人のものでは無い。SEALのチームのものである」と、彼以外にもNAVYSEALS出身者は、SEALの一員であることを誇りにしている。
 そして、映画と違うのは、彼は精神を病んではいない。常にそこには、平常心を持った彼が居る。
 彼の精神が強靭なのか、それとも軍の訓練の賜物か?
 それは私には判らなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アメリカン・スナイパー

紙の本アメリカン・スナイパー

2015/06/03 12:57

すごい

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょーじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

とてもとてもとてもとてもとてもとてもとてもとてもとてもとてもとてもとてもとてもとてもとても面白くて手が止まらなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

アメリカン・スナイパー

電子書籍アメリカン・スナイパー

2015/05/04 23:59

本人によるノンフィクションの自伝書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アヒル隊長 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画版も実話という触れ込みで劇場で観た。本だともう少し、個人の感情的な部分がより理解できるかと思った読んでみた。
なるほど、本人による自伝と言う事で、映画では大分と要所を取り出して脚色されているのだと感じた。

本書からは戦場に行った者が、どういう精神状態におかれてしまうのか、またその家族はどう言った想いでいるのか?
著者のクリス・カイルの妻による発言も、ところどころに同時に掲載されていてその気持ちが吐露されている部分も深い内容だ。

クリス・カイルは本当に国の為を思い、悪い奴等を仕留める事が好きな人物であった事も文面から非常に理解できる。
倒した人数が多い点は希望して戦場に向った事、時には体の傷を隠してまで戦場に残った。更にその傷を治すにも非常な苦痛をともなってリハビリをこ

なし再び戦地入りしている。
そういった数々の努力した積み重ねの上で築きあげた数字である差も大きいと感じた。

戦争についてだけではなく、家族や人としてのありかたなど考えさせる部分も多い一書だ。
巻末には解説に著者の不幸な出来事も触れられているが、正義の為に戦ったきた彼の運命とは…ともまた考えてしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

アメリカン・スナイパー

電子書籍アメリカン・スナイパー

2017/11/13 10:08

1人の生き様に触れる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

クリスカイルの生き方、生き様に触れることができました。

アメリカンスナイパーの映画を観て、この本を読むことにしたのですが、
映画とはまた違ったテイストでした。

少し深く読めたと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アメリカン・スナイパー

紙の本アメリカン・スナイパー

2015/03/16 23:02

天才の物語ではありません。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本はSEALのスナイパー、クリス・カイルの幼少期から退役後の人生を本人とその妻の視点からつづったノンフィクションです。

アメリカの最多狙撃記録を持っているにも関わらず、クリスは自分を「狙撃する機会が多かっただけだ」と述べていて、実際に読んでみるとその意味がしっくりくると思います。

改めて、戦争は身近に起こっていることなのだと感じさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アメリカン・スナイパー

紙の本アメリカン・スナイパー

2015/03/17 18:09

悲劇

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坦々麺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説家が物語として書いたのではなく、一人の軍人が書いた手記だと思うと、現実に起こっている戦争が一般市民や軍人、軍人の家族にどれほど酷いことをしているのかよく解るし戦争のない世界に何で無くならないかと思う。。現在の日本では戦争とかに無縁であるものの、戦争が無くならない現実と、無くなってもらいたい理想の間で考えさせられるものだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示