サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電書の森フェア2017(~9/21)

電子書籍

アルジャーノンに花束を〔新版〕 みんなのレビュー

  • ダニエル・キイス, 小尾 芙佐
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

アルジャーノンに花束を 新版

紙の本アルジャーノンに花束を 新版

2015/09/15 16:48

読み応えがあります。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Y-K-A-A-S - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマを見た後、初めて本を読みました。
ストーリーは異なりますが、重なる部分も多かったです。
チャーリーの目線で書かれているのですが、ひらがなから始まり成長していく過程が文字からわかっていきます。それは日本語であるが故の表現であり、翻訳者が素晴らしいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アルジャーノンに花束を 新版

紙の本アルジャーノンに花束を 新版

2016/02/12 23:15

いろいろ考えさせられる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うどん99 - この投稿者のレビュー一覧を見る

チャーリーは、賢くなり過ぎたが、もしも、普通の知能を得て、長期間維持できていれば、結果は変わったのだろうか。それとも、それでも彼は自身の境遇について悩んだのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

アルジャーノンに花束を〔新版〕

電子書籍アルジャーノンに花束を〔新版〕

2016/10/08 20:21

強烈な自意識の流入

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sleepingbeauty - この投稿者のレビュー一覧を見る

知性を獲得したチャーリーは以前のチャーリーと比べて自己犠牲の念が薄くなり、周囲の人の感情も全て理解できているかのように思考してしまうが、そんな自意識過剰気味に人間関係に悩んでしまう彼の感情に不思議と同情してしまうのが面白く一気に読んだ本。全体を通じて知性と自己犠牲の対比が感じられたが、やがて母と再会する場面では知性を失いつつあったために母親や妹の幸せを考えたのだろうかと疑問に思う。知性を獲得し自己中心的に考えることのできるようになったチャーリーが以前の自己犠牲的な精神を見直し、豊かな人間関係を再構築する結末は得られなかったと思うと少し残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アルジャーノンに花束を 新版

紙の本アルジャーノンに花束を 新版

2015/12/31 18:30

何が正しいのか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴょんきちくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

中学生の息子のために購入しましたが、先に読んでみました。
何が正しいのか、何がその人にとって幸せなのか、
そういうことを考えさせられる、せつなくて悲しい物語でした。
このような本に自分も思春期にであっていたら、何かしら影響があったんだろうなと
思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アルジャーノンに花束を 新版

紙の本アルジャーノンに花束を 新版

2015/04/26 17:21

名作でした

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書が発表されて50年くらい経っていますが、色褪せない着想と展開は、文句なしの名作です。
 冒頭のたどたどしい文書がポイントだと訳者のあとがきには書いてありました(451ページ)が、私にはどうにもかったるく感じてしまいました。話が展開し始めるのは、チャーリイがコンマの使い方を知る(76ページ)あたりからです。 
 一方、後半の脳の働きが低下していく様子には切なくなりました。ただチャーリイが元のチャーリイに戻るラストはハッピーエンドのようにも感じました。
 訳者によるあとがきに、「二十代の終わりは激しい感動の涙、四十代は同情の涙、八十代は安らかな涙(461ページ)」と、この小説は年齢によって感じ方・受け取り方が違うと指摘されています。五十代の私は、チャーリイへの同情と安らかな涙が入り混じったような読後感でした。
 本書には、成長して知恵がつくと、同時に大事な何かを失うといった深遠なテーマが含まれています。そして、獲得したはずの知能を喪失すると、失われていた純粋さが戻り、同時に昔の友人も戻ってくるというところには救いがありました。ラストに題名の意味が分かるというのも良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アルジャーノンに花束を 新版

紙の本アルジャーノンに花束を 新版

2016/10/26 19:16

あんまり

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Apolo11 - この投稿者のレビュー一覧を見る

あんまり話の内容がわかりずらかったです。主人公が、漢字もわからなかったところから天才になってまた元に戻るだけの話で面白くなかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示