サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

2017秋 映像化キャンペーン(~10/22)

電子書籍

ザ・ドロップ みんなのレビュー

  • デニス・ルヘイン, 加賀山 卓朗
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー0件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ザ・ドロップ

紙の本ザ・ドロップ

2016/01/10 14:44

なんとも不思議な語り口だが、乾いた独特の情感に流されるように読まされてしまった。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:arima0831 - この投稿者のレビュー一覧を見る

孤独を抱えて日々を漫然と過ごすボブは、ボストンの場末にある冴えないバーの雇われバーテンダー。このバーはチェチェン・マフィアの裏資金の受け渡し場所(the drop)でもあって、裏の仕事はボブの従兄弟がもっぱら請け負っている。

ボブはある冬の日にゴミ捨て場で死にかけていた子犬を拾う。保護する時にたまたま行き会った女性ナディアに教えられながら、飼う気のなかった犬をなし崩しに飼う羽目に落ちるボブ。一方バーでは裏金の処理でトラブルが起き、店の周囲では危険な匂いが立ちこめていく。

孤独なバーテンダーが子犬を拾う、というところだけだと、なんだか心温まる話に思えるのだが、空気感はあくまで殺伐とモノトーン。背景にある場末のバー独特の饐えた淀んだ雰囲気が滲み出る。悪党もアル中も異常者も入り乱れて、ちょっと愚鈍なところのあるボブだけが温かみを感じさせてくれるような気がするのだが、話はラストに向けて意外な狂気を孕んでいく。

なんとも不思議な語り口だが、乾いた独特の情感に流されるように読まされてしまった。
全体は200ページもないので中編くらいの話だが密度は濃い。
明るさのない話に思えるが、ちょっとした光も感じられて魅力的だ。

非常に映像感が強いので不思議に思っていたら、解説によると「もとは映画」なのだそうだ。それも作者自身が脚本を担当した作品。さらにその基には短編があったとの由。
短編から映画ができて、さらにそれを作者自身がノベライズする。ややこしい背景だが、なんだか妙に納得してしまった。

映画のほうは日本未公開で、DVDだけは出ているらしい。なんと主演は『マッドマックス』のトム・ハーディー。どういう作品なのか、非常に気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示