サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

総合【総合+ジャンルCMS】ニコカド2017 第4週目(10/20~10/26)

電子書籍

四季彩のサロメまたは背徳の省察 みんなのレビュー

  • 森 晶麿
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

四季彩のサロメまたは背徳の省察

ちょっと残念

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

耽美な展開。独特の美学論、芸術への見識を披露していくのが見事。
しかし、主人公たちが現代の高校生なので、損をしている。これが明治・大正時代なら、背伸びも含めた芸術論と恋愛を絡めたミステリになるのに、設定が現代の為に、いくら優秀でも高校生が盛っているように読めて損をしている。
そして、いくら男性にとって女性が永遠の謎でも、無理があるように感ずる。
カラスの存在を印象づけたい作者の意図があったのか?

ひそやかな恋情を物語に織り込ませる今までの作品とは一風変わっている。
有り得ない設定と展開、頭脳明晰で美貌の高校生というTL好みならどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

四季彩のサロメまたは背徳の省察

四季彩のサロメまたは背徳の省察

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SHIGEAKI - この投稿者のレビュー一覧を見る

黒猫シリーズが大好きです。四季彩のサロメは私にとってはハードコア…ですが物語が興味深く一気に読んでしまいました。個人的に《カラス》は○○だと思っております。先生の他の作品も楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

四季彩のサロメまたは背徳の省察

青少年の危うさが美しい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大正ロマンっぽい雰囲気を醸し出しながら、でも現代設定。
大人になる手前の青少年たちの危うさが美しいです。
退廃と耽美とエロスが混然一体となってます。ミステリーだけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示