サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

小学館BOOK全品ポイント最大60倍(~9/28)

電子書籍

世界の終わりの七日間 みんなのレビュー

  • ベン H ウィンタース, 上野 元美
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

世界の終わりの七日間

紙の本世界の終わりの七日間

2016/04/18 15:44

小惑星が落ちてくる前に。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:色鳥鳥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

消えた妹を捜す元刑事。世界が終わる前に、妹に会えるのか・・・。
三部作の完結編です。

世界観はSF、ですが文体は文学的なミステリ小説、なので多くの読者にとって、読みやすい内容だと思います。
ハードSFな展開や、激しいアクションや、二転三転の、混乱するような、ハラハラドキドキの展開はないのですが、人間ドラマとして読むと、なんとも不思議な読後感。
特に主人公の人物像が、非常に不思議。
世界が終わろうとしている、極限状態だというのに、主人公の、この淡々とした頑固さ、タフさは、古き良き小説の主人公っぽくありつつ、非常に現代人っぽくもある。
ステレオタイプな「現代人」像のように、ドライで情がない、というわけでは、ないのが、誰でもないようでいて、誰でもあるような、親近感と、透明感がある。
このことが、薄暗い、混乱した世界のなかで、清涼感を与えてくれる要因であるのかも、しれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界の終わりの七日間

紙の本世界の終わりの七日間

2016/01/18 18:43

三部作最終巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すけきよ - この投稿者のレビュー一覧を見る

三部作を通して、徐々に地球に近づいてきていた小惑星も、ついにあと一週間の距離に。

『アルマゲドン』のようにヒーローが小惑星を破壊して、地球を救う展開になったのなら、物語としては台無しだけど、頑固なまでにそれまでの生活と職務を変えようとしないパレスを見ていると、彼らが助かることを祈ってしまうんだよね。

そのハリウッド的奇蹟を信じる妹ニコと意見の相違で分かれてしまったパレスは、地球最後の一週間を彼女の捜索と再会に費やすことに決める。
ここで明かされる真相、新たな事件、しかしあまりに時間がなさすぎる。
それでもペレスは事件を追う。

狂った世界で、頑なまでに「真面目な刑事」であることを選ぶパレスは、狂っているといえるかもしれない。
でも、その変わらなさに理想の人間性を感じてしまう。
第二部『カウントダウン・シティ』がポストアポカリプス的狂騒感があったのに対して、そのアクが抜けきったかのように、最後の一週間になった世界は穏やかなまでに静寂。
そこに出てくる数少ない登場人物もまた、穏やかに、人生を送っている。
自暴自棄になることなく、明日が来るかのように終末を迎える姿は『渚にて』*3を思い起こさせる。
世界がどうなろうと姿勢を変えないペレスが、アーミッシュの一家のもとにたどり着くのは必然。

ラスト一行、誰も見たことがない情景を前にした、勇気と愛と高潔なる人間性の勝利に息を呑む。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示