サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

総合【総合+ジャンルCMS】ニコカド2017 第3週目(10/13~10/19)

電子書籍

ミステリオーソ みんなのレビュー

  • 原 りょう
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ミステリオーソ エッセイ・対談

「ハードボイルド」なエッセイ集

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:祐樹一依 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 エッセイ集「ミステリオーソ」を文庫化に際し増強二分刷されたうちの一冊。自伝的エッセイやジャズ、映画についての文章がふんだんに盛り込まれた本作は、唯諾々とはせず決して他者に媚びない、様々なものの考え方やその大元となる氏の「生き方」(生き様、とは言わないほうがいいでしょうね)が訥々と書かれています。ハードボイルド作家としてとても「らしい」と読者に頷かせるでしょう。真面目な性格で、でも不器用で、多少堅物で、自分の信じる観念は他者には譲らない。けれども、これを「如何にもハードボイルド作家らしい、男らしいな」などと安易に呼んでは氏に失礼に当たるでしょう。原氏の文章だけを読んで「ハードボイルド作家らしい」と言うのも間違いだし、そこに「男らしさ」を見出そうとするのもまたおかしい。そういう安っぽい形容でない、けれども氏の著作を読んだ者が「彼らしいな」と思うに当然たる文章が数多く、それはつまり、そこには「嘘がない」ということが読み取れる事実があり、「彼だからこそ」の数々の和製ハードボイルドの存在があるのだという感慨が一読、湧いてくるのです。
 彼の語るジャズや映画は、決して万人に共感出来る「通念」ではないでしょう。それらは氏の多少「お堅い」性格による個人の「好きなものに対する姿勢」であって、何が良い、良くない、という考えを「意見」以上のものとして読者が信じてはならない。けれども原氏が現在となっては「古典」である数々の小説や音楽に心酔したように、それを後から知った読者が興味を持ち、やがて共感を得るようになっても、それはまた悪くはないと思います。文学や音楽が芸術であるという事実は、(本物の「芸術」がその中のどれくらいを占めるのかはさておいたとしても)真実であることは確かだから。
 実際のところ、読了後、どうしてもとにかく「ジャズ」が聞きたくなって、手近なところでインディーズの音楽サイトを漁っている本日の僕。
(初出:CANARYCAGE)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示