サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品最大20%OFFクーポン(1218-21)

修正:全商品最大20%OFFクーポン(1218-21)

電子書籍

遠隔機動歩兵 -ティン・メン- みんなのレビュー

  • クリストファー・ゴールデン, 山田 和子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

電子書籍

遠隔機動歩兵 -ティン・メン-

電子書籍遠隔機動歩兵 -ティン・メン-

2016/05/04 12:07

オズのブリキ男は人間に戻ることができるのか?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やきとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

21世紀末、アメリカは世界の紛争地帯に秩序をもたらすべくティン・メンと呼ばれる遠隔起動歩兵部隊を紛争地へと送り込み「力による平和」を実現させていた。ところが国際テロ集団「アナーキスト」よる大規模世界同時テロ攻撃が起こり事態は一変する。ダマスカスで平和維持活動に従事していたケルソはこの攻撃によりティン・メンのボディに閉じ込められてしまう。「ロボットの破壊」イコール「死」という状況に陥った彼らは、操縦者当人が眠るドイツのヴィースバーデン目指して絶望の旅を始めるのだが…。

話はダマスカスのティン・メン部隊とG20に出席していたアテネのアメリカ大統領、ティン・メン操縦者が眠るドイツの基地の三視点で進行。とにかくアメリカ憎しのテロリストがこれでもかと言うぐらい攻めて来るので息をつく暇がなく、一見平和に見えたドイツの基地でも内部からの破壊工作が進行し手に汗握る展開に。

相手の事情を考えず力ずくの平和を押し付けるアメリカに世界中のテロ集団が結託して一斉蜂起するという状況は、今の世界情勢ではあり得ないとは思いますが、もしかしたら?とは思わせる設定。平和を持たらす為の行為が新たなる憎しみや悲しみを生み出し、負の連鎖に繋がって行くという今の世相を反映した作品になっています。

遠隔操作するロボットを操作して紛争地で平和維持活動を行うという設定は、ジョー・ホールドマンの代表作「終わりなき平和」を彷彿とさせますが、テイストはボブ・ラングレーの「衛星軌道の死闘」が近いかも。とにかく最初から最後まで冒険小説に徹したエンターテイメント作品になっており、アクションに次ぐアクションでSF成分はティン・メン設定のみと少なめ。なので読み終わってもSF読んだ!というよりは冒険小説読んだ!という気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

遠隔機動歩兵 ティン・メン

紙の本遠隔機動歩兵 ティン・メン

2016/06/27 21:47

設定がもう一つな部分が

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ki102 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なかなか良くできた話になっていて面白いのだが、敵の新兵器であるロケット弾の至近爆発でティン・メンが破壊されるシーンはイマイチ納得できない。銃弾の直撃に耐えられるのだから、爆風で吹っ飛ぶことはあっても破壊はされないだろうと思う。またティン・メンが使用している銃も、なんだか正体不明な感じのままで推移。SFではあるが、もうちょっとミリオタが納得できるくらいの設定にはできたはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

遠隔機動歩兵 ティン・メン

紙の本遠隔機動歩兵 ティン・メン

2016/06/07 23:21

遠隔機動歩兵

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yasu - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は宇宙ものと思って購入したけどバリバリの地球を舞台にしたミリタリーもの。伊勢志摩サミットの直前だったので、もしかしたら、パルス爆弾が現実のものになったらどうなるのかなと考えたのは自分だけ?これの続編はないよね?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

遠隔機動歩兵 ティン・メン

紙の本遠隔機動歩兵 ティン・メン

2016/04/29 21:52

アメリカの思考法が反映された作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

遠隔操作の歩兵ロボットのアイデアより、EMP兵器の威力が凄すぎてびっくり。しかも全世界一斉とはいえ、それで即文明崩壊という思考法がいかにもアメリカンで大味。しかし標準以上に楽しく読めたとは思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示