サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

卵をめぐる祖父の戦争 みんなのレビュー

  • デイヴィッド・ベニオフ, 田口 俊樹
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本卵をめぐる祖父の戦争

2012/01/24 21:33

笑って泣けて

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiyokomame - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年読んだ本の中で一番面白かったです。
どことなくポールオースターと似た雰囲気のある作風で、老若男女だれでも楽しめる小説だと思います。
翻訳に少し気になるところもあったけれど、ぜひ読んでほしい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本卵をめぐる祖父の戦争

2013/04/07 03:42

不思議な冒険物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:一茶茂ン太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1942年のナチス・ドイツのレニングラード(サンクトペテルブルグ)包囲戦の最中の祖父レフの不思議な冒険物語。
略奪罪で銃殺刑を逃れるには「卵1ダース」を1週間以内に調達、持ち帰ること!臆病な少年レフの相棒はこれまた、脱走兵で銃殺罪を逃れたいコーリャ。
死刑を逃れるのが「卵1ダース」を持ち帰ることって!戦争中になんて馬鹿馬鹿しい命令。
包囲戦(=兵糧攻め)のため大飢餓のピーテル(レニングラード)の街を「卵」を探し歩く二人。命令を出した大佐さえ調達出来ない?!のに簡単に見つかる筈も無く。
騙されて人肉ソーセージを売る鬼畜夫婦に材料にされそうになる二人、卵を産む雌鶏を守るため何も食べずに鶏小屋を守る餓死寸前の少年との遭遇、後にその鶏はメスでなくオス?だった。
市内での卵調達が無理と判り、ナチスの前線(包囲網)を越え、ドイツの占領地内へと卵探しに行くことに。
途中慰みものにされた少女達がナチスに囲われた農場である逃げた少女は捕まり、少女達の見守る中見せしめで両足を切り落とされる話を聞き、パルチザンとの関わりが出来、やがて武装親衛隊と対決する羽目に。
凍結した川に身包みを剥がされた死体、戦車を攻撃するために地雷を括り付けられた犬達、立て看板にされた凍りついた兵士の死体等々と遭遇しながら厳寒の中、卵調達のための行進が続きやgて、ナチスの捕虜に。
戦争のリアル、残酷なエピソードが胸くそ悪くならないのは本書が馬鹿馬鹿しいとも思える物語の設定と感情を込めない冷静な表現だけではなく、敵味方関係なく取込んでしまうキャラクターであり物語の推進役のコーリャの存在によるところが大きい。
コーリャの能天気、超ポジティヴな発言や下ネタが主人公レフの臆病さを和らげるとともに物語が都合良く進むと感じさせない展開を納得させてしまう。
レフは極限の中にいてもコーリャとの漫才みたいな会話だけでなく、恐怖と関係ないことを考えたり好きになったパルチザンの女狙撃手を夢想したりすることこそが余計にヒトとしてのリアルさを感じさせる。
訳者あとがき、解説によると作者デイヴィッド・ベニオフは他にも曰く「変な小説」長編『25時』、短編集『99999(ナインズ)』が訳出されているので読んでみたいと思う。
兎に角、戦争の残酷さ、愚かさ、極限での人間性の崩壊、人種差別をひいては国内外情勢を考えさせられながらも読後に厭な後味を残さない不思議なファンタジーと言えるのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本卵をめぐる祖父の戦争

2015/03/26 16:08

逞しく生き抜く人がいる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

ナチスの包囲下に置かれていたロシア・レニングラード、レフとコーチャは助かるために1ダースの「卵」を戦争の中探しに行く。読んでいて目的を忘れそうなほど戦争の悲惨さや苦しみが伝わってくる。満足に食べられるはずも無く骨も浮き出て座り込んでしまう。そんな時代にも逞しく生き抜く人がいる。ジョークを言い合ったり女のことを想像したり、滑稽に見えるかもしれない。だが気の置けない友がいるだけで一変する。それだけは確かだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。