サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【ポイント】ダイヤモンド社 ポイント30倍フェア(~9/30)

電子書籍

グイン・サーガ外伝 みんなのレビュー

  • 円城寺 忍, 天狼プロダクション, 宵野 ゆめ, 牧野 修, 久美 沙織, 栗本薫
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本

七人の魔道師

紙の本七人の魔道師

2004/05/13 22:51

謎を解き明かすようでいて深まる謎

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由貴 - この投稿者のレビュー一覧を見る

壮大なグイン・サーガの記念すべき外伝1巻。
本編を1巻でも読んだなら、この物語に引き込まれないはずはない。
謎だらけの豹頭の戦士グインがケイロニアの王となっているところから物語は始まる。本編をまだあまり読んでいない時点では、この話がどの辺りに絡んでくるのか悩むところかもしれない。
色々な解答が撒き散らされているようでいて、その殆どがやはり謎なのである。
本編と違う雰囲気に感じるのは、妖魔や魔術がふんだんに出てくる事かもしれない。この外伝1は他の外伝に比べて、妖しい感じが漂っている。
この外伝1を頭の隅に置いて、本編を読み進めて欲しい。
これ一冊でも十分楽しめると思うけれど、この一冊を読んだらもうグイン・サーガの魅力から逃れられないかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宝島 下

紙の本宝島 下

2005/07/07 11:44

憑かれた?

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:江川あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

伝説の海賊、クルドが残した宝を探す話のつづき。イシュトバーン一行はやはり同じ宝を探す残忍な海賊に捕まり、役にたちそうにない友を残したまま船を燃やされてしまう。しかし、クルドの宝にくわしいという老人を訪ねたとき、運命はイシュトの手の中にゆだねられる。イシュトってやっぱり選ばれし者?それとも憑かれやすいのか?(笑) 冒険映画のワンシーンのようなイメージで読ませてもらった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宝島 上

紙の本宝島 上

2005/03/14 07:43

うら若きイシュトの冒険

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:江川あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ゴーラの僭王」という異名を持つイシュトバーンの若き日の冒険。ん? こんなところにあんな人が? まぁ、それはともかく、今回はクルドという残虐極まりない海賊が残した、という伝説の宝を探して船旅に出る。船に乗ったのは、イシュトが選んだ若者ばかり。それが後々致命傷になるのだが…。どういう展開で海賊の魔の手から逃れるのか、下巻が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

蜃気楼の少女

紙の本蜃気楼の少女

2005/03/09 01:48

グインが王たる理由

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:江川あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっとのことでシルヴィア姫を助け出したグイン一行(なんと、人間は2人だけ…グインを入れたら3人ですが)は一路ケイロニアを目指すのですが、どういう経路でケイロニア(ダジャレあり)に戻るか?悩みつつも、一番安心な「ノスフェラス越え」を選びます。が…やはり、グイン行くところ災疫あり、というわけで(言いすぎ?)題名にもなった、蜃気楼の少女に見込まれてしまいます。そこでの闘いは、強戦士グインの苦手とする、精神分野での闘い。ですが、経過を見ていると、グインが王たる理由がわかるような気がしてきました。栗本先生のことだから、これもまた、何かの伏線になるのでしょうねぇ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ホータン最後の戦い

紙の本ホータン最後の戦い

2005/02/16 17:26

ついに愛しのシルヴィアを我手に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:江川あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

じれったかったホータンでの闘いもいよいよファイナルステージ。グイン、よくぞここまでがんぱったねー。(感涙)栗本先生の手にかかっては、「意外な展開」や「予期せぬ伏線」などが日常茶飯事(笑)としてあり、気が抜けない。姫、もうわがまま言わずにグインに全てを預けなさい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢魔の四つの扉

紙の本夢魔の四つの扉

2005/01/16 13:23

グインは鍵男なのか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:江川あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっとのことで鬼面の塔にたどり着いたグインだが、この鬼面の塔が「最後の砦」のようで、なかなかやっかいなシロモノ。なんていったって塔自体が生きているのだから…。さすがのグインもクリアできないかと思えたとき、助っ人が現れるなんて、心憎い。やはりこのグインワールドの鍵を握るのはグイン自身であるのか? 自覚はないようだが…。そこがいいところでもあるし(爆)「こんな敵、チャチャっとやっつけて頂戴」と思うのは私だけであろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鬼面の塔

紙の本鬼面の塔

2004/12/10 05:21

まどろっこしいったらありゃしない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:江川あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

愛しのシルヴィアがキタイにいるとわかった日から、グインは狂おしいまでにシルヴィア奪回に奔走する。グラチーのおっさん、やりすぎ! 鳥もちが絡んでいるみたいにゆるゆるとグインを手元に引き寄せる。やっとのことで、「さかさまの塔」の罠から抜け出したと思ったら、鬼面の塔にたどり着くまでの罠はまさに「罠のスーパー特売」のようで、陰ながら、「早くシルヴィア奪回しろよ」って言いたくなってしまう。しかし、グインを故郷に導く宝玉にめぐり合えたのは、不幸中の幸いとするべきかも?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魔王の国の戦士

紙の本魔王の国の戦士

2004/12/08 05:53

呼吸困難になりそう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:江川あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

グインはシルヴィアとマリウスの消息を頼って、ついにキタイにたどりついた。いつ、グラチーのおっさんが出てくるのか? さかさまの塔で何が起こるのか? 息もつかずに読み進んでしまったので、危うく呼吸困難になるところだった(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

フェラーラの魔女

紙の本フェラーラの魔女

2004/10/25 10:12

怖いもの見たさ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:江川あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

皇女シルヴィアを探すグインはキタイにその手がかりを得る。そして、キタイに向かう途中で妖魔と人間が共存しているフェラーラに立ち寄ることになる。そこにはグインの失われた過去を探す手ががりが…。しかし、待ちかねたグラチーのおっさん(失礼?)が現れ…。ネタバレになるので、これ以上は書けません。(笑)妖魔の描写があまりにもリアルで、食事前に読むと、ダイエットできるかも?(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幽霊島の戦士

紙の本幽霊島の戦士

2004/10/25 10:04

勇者って大変

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:江川あおい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ケイロニアの皇女シルヴィアを探し、再び死の街、ゾルーディアに赴くグイン。生でも死でもない呪われた怪物を対峙することになる。バーチャルで読んでいる私でも辟易とするような怪物と闘わなくてはならないなんて、勇者って大変だなぁ、なんて思ったりするこのごろである。(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鏡の国の戦士

紙の本鏡の国の戦士

2007/07/11 22:36

幸福の絶頂

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

幻想怪奇ファンタジー系の怪しい雰囲気のグイン外伝
本編よりも未来時制でのケイロニア王としてのグインの物語・3編連作です
本編からどう繋がっていくのかという部分に期待感がありますが、グインが微妙に弱くなっている気がするのが「あれれれ?」という感じでした
愛するものを手に入れたための弱さ・危うさ・心の動揺がグインらしからぬというか
裏の主役がグインの愛妾(!)となったヴァルーサ
というか本人の出番は少ないものの、ヴァルーサのための作品と言えるかもしれません


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

消えた女官 マルガ離宮殺人事件

若き日のナリスもやはりナリスだった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yostos - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルからもわかるように推理ものである。

ただし、ネタはかなりお粗末で最初の方で事件の真相らしきものは見えてきてしまう。見えてきても、その真相である必然性がわからないが。

これは、やはりグイン・サーガ読者を前提にしているので、若き日のナリスが事件に関わり解決のため推理し探偵としての活躍を見せるところに読みどころがある。簡単に言えば「あぁ、少年のころのナリスはこんなだったのね」という感慨を楽しむキャラクターものなので、グイン・サーガを知らない人が読んでもおもしろくも何ともないであろう。そういう前提で読めば、安楽椅子探偵として推理するナリスというのは、なかなかに「らしく」ておもしろい。

もう少しネタにひねりがあり推理小説としても読めるものであれば、この設定で何巻か「ナリスの安楽椅子探偵シリーズ」にしてはと思うが…。筆者にはそこまでの構想はなかったようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リアード武俠傳奇・伝

紙の本リアード武俠傳奇・伝

2014/02/22 17:07

読書断念

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきかぜ - この投稿者のレビュー一覧を見る

グインサーガは第1巻から買い続け、人がかわっても、何とか受け入れられましたが、これはまったく受け付けず、数ページで読むのをやめました。
こういう話もあってよいとは思いますが、私には合わなかった。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

13 件中 1 件~ 13 件を表示