サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

総合【総合+ジャンルCMS】ニコカド2017 第4週目(10/20~10/26)

電子書籍

エンディミオン みんなのレビュー

  • ダン・シモンズ, 酒井昭伸
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

エンディミオン 上

紙の本エンディミオン 上

2002/07/22 06:17

臆面の無さと職人技の第一人者特製の銀河万華鏡が見せてくれる極彩色の景観。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:螺旋式 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 栄華を極めたワールドウエッブが、盛者必滅の理をあらわしてから300年後。銀河は『パスク』カソリック教団の統治するところとなっていた。というのが超面白SF巨編「ハイペリオン」シリーズ全4部作第3弾の設定。

 エェッ! いきなり300年後なんて言われてもぉ、あの人やあの人はどうなったん、テクノコアの謎は、野蛮なアウスターは一体どうしたん、という一読者の思惑は思惑として、とにかくワールドウエッブは崩壊したのだし、その後の混乱期に聖なる力で台頭した『パスク』カソリック教団は銀河に安定と秩序をもたらし、今や絶対的な支配力をもって君臨しているのだという。

 なるほど、状況は飲み込めた。で、それが何か?
 新世界に冷ややかな目を向ける守旧派の、ノリの悪さを見透かすように、今回もまた強引な仕掛けとネタで読者をたぶらかしにかかるダン・シモンズのえげつなさは、『時の墓標』を活性化させて300年の少女を送り出すくらい朝飯前。これを皮切りに繰り出される超絶理論のあの手この手が、大いなる意志に導かれた少女の、銀河を股にかけた驚異の旅と、「大天使級急使船ラファエル」(しかし、なんてすばらしいネーミングと翻訳のセンスだ)なんぞの優雅な船名に似ぬ、おぞましくも痛々しい再生装置での消耗を繰り返す追跡者たちの道行きを華やかに盛りあげる。
臆面の無さと職人技の第一人者ダン・シモンズ特製の極彩色万華鏡の楽しさ面白さ。

 銀河を貫く一筋の河に繰り広げられる追っかけの一大スペクタクルは多彩なSF的意匠に彩られながらスリリングに展開するが、ハックルベリーとトムの冒険行をなぞる少年少女の明るさと、いかにも大人の屈折を見せる追跡者の苦悩とが対象的に配置されて、追っかけに終始一貫した大活劇に心理的な奥行きを与えている。

 理屈抜きに楽しませながら、起承転結の例え通り物語の行方を転じ、読者の興味を次作へと強烈に方向付けてくれる。次は「エンディミオンの覚醒」だということで、かくなる上は胸のすくような次作の結末を大いに期待してしまうのだった。

"螺旋式","http://member.nifty.ne.jp/RASEN/endimion.html"

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エンディミオン 上

紙の本エンディミオン 上

2006/03/18 21:18

長〜い割に読みやすくなってます(笑

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kokusuda - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ハイペリオン」シリーズの三冊目というか、新シリーズの一冊目というか、、、。
これまでの作品と同様にジョン・キーツの物語詩の題名がそのまま使われています。
設定や登場人物などが前作から持ち越されてますので、
前の二冊は読んでおいた方が良いようです。

「ハイペリオン」で描かれた「連邦」の崩壊から300年後の32世紀が舞台。
人類はカトリック教会を母体とする「パクス」によって再び統一されようとしていた。
「パクス」は謎の寄生体「聖十字架」による不死を使い人類を支配しつつあった。

そんな時代に辺境の惑星「ハイペリオン」に住んでいる若者ロール・エンディミオンは
「パクス」によって死刑判決を受け刑が執行された。
しかし、彼は死んではいなかった。
謎の老人に助けられていたのだ。
エンディミオンは老人から、ある依頼をされる。
「時間の墓標」から1人の少女を救い出し、「パクス」から守りながら彼女の旅に同行せよ。
その上で「パクス」を滅ぼし、所在不明の地球を発見し、老人と少女を引き合わせよ、
というのだ。

「パクス」の鉄の支配、「時間の墓標」の厳重な警戒、
300年前に消えた地球など問題は山積みだが、、、。
エンディミオンは少女アイネイアーを救出するために依頼を引きうけた。

なぜか「パクス」だけでなく、「テクノコア」も彼女を追い始めた。
彼らの目的とは何なのか?地球はどこに消えたのか?
アイネイアーに関する予言とは?
銀河中を逃げ回るエンディミオンたちの運命は、、、?

「連邦」が「パクス」に代わりますが超AI群「テクノコア」、
謎の放浪集団「アウスター」との三つ巴の勢力争いは続いています。
エンディミオンの一人称で物語は進んでいきますが、不自然な描写や不可解な謎、
伏線(らしきもの)が数多く登場します。
人間関係なども前の2冊を読んでいないと違和感を感じるかもしれません。

シモンズ氏は「力づくで読ませる」作家と感じました(笑
1000ページを超える作品で結末がこれだったら、普通だったら怒り狂いそうですが、
妙に納得させられる。
アイネイアーは魅力的なんだけどエンディミオンは今一つ主人公らしくない、
というかヒーローじゃない(笑
性格が良いくらいで取得がないし閉所や高所恐怖症だし、
車の運転くらいしかできないし、、、。
「パクス」の指揮官の方が魅力的なんだが、、、。

でも面白い作品です。
SFの枠組みを持っていますが、冒険小説の展開です。
前の2冊に比べると格段に読みやすくなっています。
ただし、次の巻で怒涛の展開になっていきます。
しっかり、読んでおく必要はあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示